はじめまして

いつも現場には、どんなところでも、初めて行く所、初めて会う人、というつもりで行っている。

どんな業界でも、そこが長くなると

誰が偉くて
仕事持ってるのは誰で
実権握ってるのは誰で
この人とこの人が繋がってて
この店はこうであの店はこんなで
あのミュージシャンはどうなってて
その人のプライベートはこうで

それ、音楽に
何の関係も無いよね。

あるいは

彼はビートルズが好きなんだって
あの人はJAZZはあんま好きじゃないらしい
彼女はニューヨークに長くいたらしい
この人はフラメンコは専門じゃないんだって

それも
どーーーーーーーーーーーーーーーぉでもいいよね。

人の歴史、持ってるもの、好き嫌い、経験

金子みすずじゃないけどみんな違ってナントカで、自分と同じ歴史を持っている人、同じ技術の人、同じ嗜好を持った人なんて一人もいない。

そういう、てんでばらばらな人たちが集まって、その人たちがその時に持っているものを出し合って、作る

それしかないし
だから面白いものが出来るんやないのかね

もっと言うと、客の前で発信した時点で、音楽も作品も客のもの。自分のものじゃない。楽しむのはお客さん。自分らは提供者。

だから今日も、初めましてのつもりで行く。

そうでなくても

この人はこうだから
あの人はああだから

と思いがち。

そんなものは、音楽には何の必要もないし、人は毎日、変化してる。
前に見たその人のそれは、今日もそう、では決してない。

いつも何事にも
フィルターのかかってない新鮮な目で
物事を見ていたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です