アイデア

「プロフェッショナルとは
時間のように、つかみようが無いもの
見えないもの
形がないもの
そういったものに形を与える
そういう人だと思います。
僕はそういう人になりたい。」
上田泰己/生命科学者】

===
昨日、私が2009年12月から主催している歌ものセッション
Meg & Friends Soul-Funk Jamが2周年を迎えました!
昨日来てくださった皆さん、これまで来て下さった皆さん、本当にありがとうございます!

2年前、NYCで見たVillage Undergroundのセッションの空気を日本でも、と思い
立ち上げたセッションですが
2年やって、このセッションの雰囲気、というものも出来てきました。
そしてこのセッションから派生するような形で
開催している本町Mother Popcornで毎週木曜日、セッションが行われるという流れが
出来てきています。

何も無かったところから、ものごとを生み出し
それが広がって、人と人が、場所と場所がつながっていく。
知り合った人同士でバンドを結成する人もいたり
点と点が、線でつながり、絡み合って3次元になり
時間を加えて4次元になり、人の出会う機会が増えて。。。
その景色を、とても嬉しい気持ちで、見ております。
これからも、いい形で発展していけばと思っています♪

===
「私は、いつも、決断することは本当に難しいと思っている。
直感によって指し手を思い浮かべることや、検証のための読みの力も大切であるが
対局中は決断の連続である。
その決断力の一つ一つが勝負を決するのである。」
【羽生善治/棋士】

===
アイデア、って
日々、何かやりたい、という気持ちのある人なら
きっといくらでもある。
浮かんでは消えてゆき、また浮かんでくる様々なアイデア。
難しいのは
そして、最も大事なのは
そのアイデアを、実行しようと決断する勇気。

こんなこと出来たらいいな
あんなことしたいな。。。
経済状態、時間、立場、羞恥心、畏れ…
そういった、自分を縛るものが無い状態で空想すれば
やりたいことはいくらでもあるし
いくらでもアイデアはわいて来る。

そこに、こんなことやっても意味ないんじゃないかとか
お金が無いとか
時間が無いとか
自分だけのアイデアで、こんなことやったら恥をかくんじゃないかとか
出来ない自分を見せたくないとか
そういった制限を、自分でかけて
アイデアを実行出来ずに終わるという場面が
どれほど多いことか。

どんな素晴らしいアイデアも
一度外に出してみなければ
無いのと同じ。
頭の中に潜んでいるアイデアを
外へ出してみて
どんな形だったか自分の目で見て
そこから思っているようになるように修正して
目に見えなかったアイデアは、ようやく
形になる。

===
やってみるまで分からない。
見えない場所に飛び込むのは、もっと怖い。
でも扉を開けてみれば
その先の風景が見えて来る。
そうやって小さなことでも一つずつ
アイデアを出していき、形にしていきたい。

===
アイデアを阻む敵は、外には居ない。
アイデアを阻む者も
アイデアを形にしていく者も
全て、自分の中に居る。

Follow me!