フラメンコカンテ理論、翻訳作業

JAZZやPOPSの発声理論やボーカルトレーニング本は、選ぶのに困るくらい山のように出ているが、フラメンコカンテの”ボーカル理論”の本は、少なくとも日本語では出ている本は無い(昨日までは無い”のではないだろうか”と言っていたが断言、理由は後述)

本場スペインのそういう学校にでも行けば、理論的に教えておられる先生がいるのかなぁ。。しかしこの時代、誰かおるやろ、誰か!ネットになんか転がってるやろ!!とこの1年くらい、おぼつかないスペイン語を駆使し、血眼になって探しまくった結果、ようやくそれらしい理屈を書いた論文と、その論文を書いた人が作ってるYouTubeチャンネルを見つけ、ちょっと前から論文の翻訳作業をやっています。

大まかな訳はGoogle先生にお世話になりつつ、単語は辞書で引きながら、あとで自分で日本語訳を読んでわかるように。

で、少し読み進めてわかったのですがその論文、2013年に書かれたもので、その時点で

フラメンコカンテのボーカルテクニックの教授法や方法論、専門用語は

無   い

と書いてある。。。私がカンテ始めたのは2015年。そりゃーどんなに探してもないはずだ。。。。

この作業が誰の役に立つかなんか知らない、が、少なくとも私の役には確実に立つのがわかっているので文書にしています。えーい待ってろスペイン語ぉぉぉ🇪🇸(何を?)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です