一語を削る

葛西選手の銀フライトも、羽生選手の授与式も見逃したが
その甲斐あって出来た!!!・・・・と思った
今朝書き上がった曲の歌詞をもう一回書き直している。

歌詞が変わるということは、曲全体が変わる可能性があるが
さきほど、録音したデモを聞いて、自分に何も残らなかった。
そんなものを世に出すわけにはいかない。

===
”歌”を書く、、、言葉を描くというのは本当に
自分の中でその歌のテーマについて
一つの着地点に到達していないと書けない。

どんどん目を細かくしたフィルターの
最後を通ってきた感覚というか
どんどん目を粗くしたざるの目を
通ってきた言葉というか
そんな感じ。

昨日1500mのスピードスケートは
金と銀の差が1000分の3秒。
ミリ単位の違いだそうだが
そういう風に言葉と意識を削る感覚に近い。

・・・
今書いている歌は
長いこといつか書きたいと思っていた歌で
坂シリーズ三部作
(白い坂のある街、は、実は三部作のつもりで書き始めた)
の一つなのだが
自分の中で、”そのこと”が完結していないという壁に
ぶち当たっている。

しかし完結する日は決して来ないということが
分かっていることでもある。

そういう風に書けば良いのか
某かの到達点を見いだすべきなのか

しかしこの歌は、今完成させるべき歌なのだということは
分かっている。
さあ、どうしようか。。。。。。
unnamed.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です