人生は船旅☆

別府から大阪へ帰るフェリーの上で誕生日を迎えた、本日1月12日[バー]
日曜の夜から、大阪南港〜別府のフェリーでの、演奏の仕事に行っていて、今朝帰宅しました[船]
いやー楽しかった。。。。久しぶりにフェリーに乗りました[るんるん]
国内旅行に凝っていた頃は、休みとお金が出来るたびに、やれ北海道だ、九州だ、沖縄だ、とフェリーに車積んでしょっちゅう旅行していましたが
やっぱ船旅、好きだなあ。。。。[ぴかぴか(新しい)]
向こうでは一日自由行動だったので、阿蘇山行って、湯布院行って、手打ち蕎麦の超〜うまいお店で蕎麦づくし[レストラン] そばがきがむちゃくちゃウマかった!うますぎて写真ありません(笑)
そして、この旅の、、、いや、仕事の(笑)最大のお楽しみ、150畳の露天風呂!!
3475126
熱すぎず、ぬるすぎず、ずっと浸かっていられる湯温で、由布岳を眺めるこの絶景。。。
さいこーでした[グッド(上向き矢印)]
で、別府に向かい、温泉で蒸したプリンをいただき(激うま!!)
3475127
帰りもまた船で演奏して、誕生日をまたいだ時間は、同行メンバーに缶チューハイとビールとおつまみで祝っていただきました[ビール]
ちなみにこの船での演奏は、船側としても初の試み。ピアノとベースのDUOで、BGMをお願いしますということだったんですが
現場でサウンドチェックしてみたら、声も響く場所で、歌ってみると行けそうだったので、急遽、生声ですが、やっぱ歌うことにしました。だってあたしゃ、歌い手ですから☆
すると、始まってみると、前にいつのまにか人垣が出来、みんなどっかから椅子を引っ張り出して来て、がっつり座って聞いてくださって、手拍子は生まれ、終わったら拍手喝采、なんとアンコールまで![ダッシュ(走り出すさま)]
まあ、結局私にBGMをやれという方がね。。。ムリ(^^;)がっつり”ライブ”でした[わーい(嬉しい顔)]
でも、船の担当の方にも、すごく喜んでいただけて、もう何だったら毎週専属で乗ってください、とまで言っていただけたり
2ステージなんですが、1回目から見てくれたお客さんが、次のステージも見たいから、お風呂に急いで入ってきた!と行って待っててくださったり
これ食べて!って、親戚の方に買ったお土産を分けてくれた方まで☆
自分の大好きな歌を、楽しいメンバーと演奏して、船のお客さんと、ゆったりとした時間を楽しんで[船]
向こうに着いたら一日観光して、また帰りに演奏。。。。
旅好きの私には、もう正に天職、といったお仕事。よくぞ私に話を振ってくださいました[かわいい]
それにしても、昨日お風呂に浸かって由布岳見ながら思ったことは
仕事とは
金額ではなく、その内容だな、と。。。。[ぴかぴか(新しい)]
今回の仕事を振ってくれたメンバーは、
「船で往復して、次の日一日は時間をつぶさないといけない、っていう仕事やから、ずーっと一緒に居って、おもろい人でないと無理やし
初の試みでどうなるか分からんけど、でもその状況を楽しんでやってくれそうな人って思ったら、めぐみさんしか居らんかった。頼んでほんまに良かった。」
って言うてくれたんですが
これは本当に嬉しいことでした[かわいい]
【この人と居たら、おもろそう、この人と仕事するんやったら楽しそう。】
それは、仕事に限らず、どんな場面においても、本当に、一番大事なことで
特に、年下の方や、後輩にあたる人から、この人とやったら絶対おもろいよな、っていう風に思ってもらえる、というのは、私が目指してきた人間像でもありました。
年末から始まった新しい仕事があるんですが、私がその仕事を引き受けたのも、同じ理由。君にぜひ来て欲しい、と、古い先輩に頼まれて。
その人と仕事をするんだったら、絶対おもろいな、と思って引き受けました。
というより、その人じゃなかったら断っていた。
・・・
子曰く
吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑はず。
・・・
まずは、次の「五十にして天命を知る」までの10年。
この船旅のように、その時の天候を読み、航路を考え、ただ時間をつぶすような生き方ではなく、ゆっくりと積み重なって行く時間を楽しんで
ゆらりゆらりと、でも、どっしりと、次の寄港地に向かって、生きていきたいと思います[晴れ]
というわけで今日はこれから、お客さんにいただいたお土産と、湯布院で買ったロックグラスと、ちゃっかり仕入れてきた大分のレアもの麦焼酎で一杯やるのだ☆むふっ この旅でちょっと焼酎の楽しさを覚えてしまった。エヘ☆
3475128

Follow me!