俺も頑張るから

時々行かせてもらってる、あるSinger & Songwriterさんの、1st CD発売記念ライブを見てきた。
やっぱり、オリジナルは良い。説得力が全然違う。
その人の言葉や心の色が、ダイレクトに伝わってくる。
日本語を丁寧に扱って描かれたその歌は、日常の中にある、人の優しさ、葛藤、悲しみ、喜び、不安・・・
自分とは違う視点だったり、同じ視点でも、描き方が全然違ったり
単純に、その人は、男性なので、見方が違っておもしろかったり
そして、自分と同じように、自分の歌を作って歌う、ということをしている人の、良いステージを見るのは、何より、励みになり、刺激になる。
ありがとう。いいライブでした。
そして、今日、ひとつの言葉を、やっと受け入れる気になった。
震災以降、半ば、自分には封じていた言葉。
「頑張る」
あのとき、ちょうど、「がんばりましょう」というSMAPの歌が流行っていて
好きな歌ではあったけど
あの時は、もうあれ以上、頑張れなくて
あの歌がかかるたびに
「どんなときも、くじけずに頑張りましょう、って言われても、もう、くじけさせてよ・・・・余力なんかもう、どこにも残ってないよ・・・・」と
次第に、頑張る、という言葉さえ、使いたくなくなっていた。
でも、今日、彼がステージで何度も言った言葉
「俺も頑張るから
みんなも頑張って。
一緒に頑張ろう。」
そうだなあ、と、シンプルに、思えた。
彼の、俺も頑張る、っていう言葉には、いろいろなものを引き受ける余白が残っていて、心に残った。
そうだなあ。
私も頑張ろう。
そして、私も頑張るから、と、余白を持って言えるように、なりたい。

Follow me!