弥生の雨と、天使の梯子

ようやく、4月になった。
1、2月はのんびり、という計画だったのに
蓋を開けてみれば
正月を除いて今日まで昨日までで、休みは3日だけ。
変化の多い、3ヶ月だった。
特に弥生3月は、厳しい嵐を含んだ雨模様の日が続いた。
だけど、その雨の中
時折差す晴れ間から
未だ出会ったことのないほど美しい梯子が
何度か降りてきてくれた。
===
あの光を、天使の梯子、と
誰が名付けたのだろう。
弥生の雨で、卯月の土は
少しずつ、固まっていくようだ。
遅い桜が、開き始めた。
ずっと垂れ込めていた分厚い雲を
天使の梯子が ほどくように。

Follow me!