弾き語りの部屋38〜おんなになあれ

毎日弾き語り動画、今日からは日本語カバー3連発!!!わたくしの思い入れのある日本語の曲をお届けいたします。

まず第1弾はこちら。1987年の森川美穂さんの楽曲。作詞作曲は飛鳥涼=ASKAさん。
この曲、実は私が初めて「バンド」で歌った曲なのです。学生時代だったのか、もう社会人になっていたのかはちょっと失念してしまいましたが、当時組んでいたアカペラグループのメンバーである高校の先輩に誘われ、会社の夏祭り的なところで歌わないかとお声かけいただいてこの曲を含めた数曲を渡されました。

初めてスタジオにリハーサルに行った時のあのドキドキは今でも忘れません。。。それまでクラシックで譜面がちがちでしかやったことが無かった自分にとっては、コピーバンドっていうのもとても刺激的だった。思い返せばあれが、今の活動の原点みたいなところだったのかも。

原曲の森川さんの歌唱もフレッシュでとても素敵なので、そこに敬意を表し私も原曲且つ若々しい(笑)感じで歌ってみましたが、ちょっと照れくさいので画像はふんわり紗がかかってます!笑

いまだに好きな名曲です。ぜひご賞味ください!
【おんなになあれ/森川美穂】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です