東京紀行

金曜日から東京に来ていて本日3日目。数えきれない、覚えきれない、たくさんの人と会っています。
そして、ひさびさに、毎日飲んでます(笑)結局昨日も始発帰り・・・(笑)
昨夜は久しぶりに会う東京の飲み友達とBAR巡り。 1軒めでワインのボトルあけてその後ショットバー行って。久々のSLOEGINは美味かった・・・甘いけど26度あるので結構きつい酒です。
自分は酒好きだったということを、改めて思い出している昨今。 車で移動が多いとなかなか酒をじっくり飲むということもできず、また酒に詳しい友達、ってのも、それはそれで意外に少なかったりするので、結構貴重です。
昨日飲んだ友人は
・酒はオールマイティで且つ詳しく、飲むのも強くて
・食にも精通し本人も料理するし
・音楽好きで、話し好きの議論好き
という、まるで自分を見ているかのような人なので(笑)いつも酒と食と音楽談議で夜があけますが、そんな、ゆっくり飲む日もやっぱり時々は必要だなあ。
・・・
今回の東京行きで感じたことは。
結局は、【自分で動く】ことが次につながる、ということ。
待っていても、そこには何も訪れないし
人任せでは、何にも動かないし
使わなあかんお金、というのはあるな、と。
自分で動いた先でふと出会う、その姿をしてないチャンスの神様の前髪をつかめるかどうか、で、次が決まる。
動かずに、いつ来るか分からない機会をそこで待つのか
動いて掴み損ねる、或いは、つかんだものはチャンスじゃ無かったとしても
結果が大して変わらないんだったら、自分は動く方を選択するなあ、と思いました。
動くということは、人に会う機会が増えるわけで、多くの人に出会えばそれだけ多くの機会も訪れる、ということ。どこに何が転がっているか、ほんとに、わからない。
その転がっているものを、つかんでいけるかどうかは、これまた自分の力次第。
・・・まだもうしばらく、動きながら充電する日々が続きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です