椅子と空の街角

街角に置かれた
色あせたソファ
季節が染み込んで
すこし破れて
いつもそこに居る

誰か来るのか
誰も来ないのか

昨日タバコをふかしてった彼は
今日はどうしてるんだろう

何も起こらない
何も決まっていない
今日も
明日も

街は今日も動き
椅子はそこにいる

僕は待ってる
いつもここで

この席は君の席
いつでもあけて
いつも待ってる

今日も誰も来なかった
明日も誰も来ない

でも僕はここにいる

来週の日曜日
もしもここに
あの彼がきたら
デイジーの花をあげよう

きっと土曜に
咲きそうだから

青い空
白い雲

一つだけ決まっているのは
そこに帰ること
誰もがみんな

だから空の下で
この椅子に座り

おはよう
いってらっしゃい
おいしかったね
またあしたね

僕から
ほほえむこと

青い空
白い雲
何もない
椅子と空の街角

冷めないうちに走り書き。
近いうち曲にする。


昨日見た映画【LUCKY】

もうしばらく新しい映画いらない
じっと染み込む時間
きっとまた何度も見るだろう

ハリーディーンスタントンさんの遺作となった
彼をモデルにしたとも言えるポートレートみたいな映画。

素晴らしい作品でした。
後で調べると
“人生の終わりにファンファーレは鳴り響かない”
っていうコピーだったらしい。

こういう作品に会うと
やっぱり作りたくなりますね、歌。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です