水鏡

水のような
冷たさのある文章が好きだ。

しなやかで、柔軟で
大地をも揺るがすような強い力を秘め
冷たいのに
触れるとじわりと伝わる温度がある。

文章にしても映画にしてもドラマにしても音楽にしても
五月蠅い表現が、あまり好きで無い。

しかしそれは
同族嫌悪だったようだ。

無理のある露出表現に眉間を寄せてしまうのも
自分がそうだったからだ。

人は己の鏡。
ひんやりと冷たいけど
触れると温もりがある

この東山魁夷氏の絵の如く
水鏡のような表現が
出来るように
なりたい。
scan20003.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です