生きるということ。

”科学者は諦めたけど
音楽家なら出来ると思ったんだ?

何でそう思ったの?
スティービーワンダーにでもなれるとでも思ったの?”

+++

いくらプレイが上手くても、こういう言葉を放つ人とは一緒に音なんか出したくもないし、二度と自分の人生に関わりを持ちたく無い。

この人には
自分で生き方を選んで生きるということが
理解出来ないのだろう。

出来るとか
出来ないとかじゃない。
やりたいかどうか。
ただその一点に尽きるのだ。

生きるということなど。

出来ることだけ集めて
やれている気がしている人に
このことは理解できない。

やりたくなくなれば
生きたくなくなれば
そこで終わるだけのことだ。

自分の命が燃え尽きる最後の瞬間まで
知らなかったことが分かるようになりたい。

時折、50になったら楽器を弾くのをやめて
農業でもやろうかと言う人に出逢うが
そんな程度の想いならさっさと今のうちに辞めて
今から農業を始めた方がいい。

出来るかどうかなんて、むしろどうでもいい。

手持ちのカードの組合せで出来ることを集めて
これが自分の手だと吹聴して回るような人に
何やかや言われたく無い。

遊びで出来るほど
音楽は甘くない。

遊びで出来るほど
科学は甘くない。

遊びで出来るほど
人生は甘くない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です