生き続けること 〜2011年総集編〜

2011年まとめ、音楽編はコチラ。
【2011年、こんなことがありました〜音楽編〜】
===
今年は、音楽でも大きな変化がありましたが
個人的にも、とても大きな変化が沢山ありました。
大きな出会いもあり
大きな別れもあった。

その中で、長きに渡る格闘と軋轢を繰り返した人との関係に
一つ結論を出した。

その結論までに、本当に、長い時間がかかってしまった。
手助けをしてくれたのは2冊の本。
その中で、誰にも言えなかった核心を何度も突かれ、1人号泣した。
勇気のいる結論だったが、後悔はしていない。
そもそもその結論自体は分かっていることだったが
それを出すのが怖かっただけだ。
やれることは全て尽くした。
いや、自分がやれること以上のことをやってきた。
何十年もかけて。
人は変えられない。
でも
自分は変えられる。

===
【イヤなものはイヤ、と言うこと】
それだけ書くと、ものすごい我がままに見えるかもしれない。
でもそのことは
【好きなものは好き、と言うこと】
と同義なのではないか。

いつでも客観的に一歩引いて判断する癖がついてしまうと
本当に自分が好きなものや、イヤなもの
やりたいことと、やりたくないものの境目が
分からなくなってしまう。

そして、実際、そうなってしまっていた。

そもそも、”客観的”というが
客観は、自分以外の誰かの主観の集合体だ。
少なくとも今年の私には
【イヤなものにはイヤと言うこと】が課題だった。

イヤなもの、自分がやりたくないものに
時間を割いていられるほど
人生は長くない。
3.11の震災、豪雨、台風、洪水、といった多くの災害、天災、事故。
いつ人生は、パタリと終わらせられるかわからない。
イヤだと思っているうちに、終わってしまうかもしれない。
6月に、同い年ミュージシャンだったマンボ松本くんが急逝してしまったが
同い年の人が逝ってしまうと、余計にそのことを感じる。

===
”自分の”人生の時間を生きること。
そして、どうなっても、生き続けること。

===
先述の「結論」を出して以降、自分の環境は変わった。
考えが変われば行動が、、、という言葉そのものだった。
より、自分にとって心地いいものや人に
出会うようになった。
自然と、自分も、生きやすくなった。
そうしているうちに、TVで数年前に拝見し
考え方や生き方に圧倒され、感銘を受けて
その人の言葉を手帳に書いていた人に、実際にお会い出来る、という機会も訪れた。

自分に不快なものに目を向けていたら
不快なものばかり訪れる。
自分を感動させるもの、心地よいと感じるもの
そちらに目を向けていると、そういうものが訪れるようになっている。
それを今年は、本当に実感したし、体験した。

===
【好きなものは好き】をやっと実現できた
昨年のクリスマス。
その日からトイプードルの女の子・香雪(こゆき)を飼い出してちょうど1年。
大きな怪我や病気もせず、ちょっとおてんばで
愛嬌のある、人なつこい子に育ってくれている。
彼女との1年は、私を随分丸くした、という
近い仲間達からのウワサもあるが(笑)
実際そうかもしれない。
そもそも、彼女を飼うこと自体、
自分の中に眠っていたものを呼び起こす作業だったから。
去年のクリスマス。

そして今年のクリスマス。定点撮影。

丸くなったかどうかは別として、
どうも、似て来たかも。。。(^^;)

===
来年は、どんな人と出会うだろう。
どんな出来事と出会うだろう。

来年は音楽もそうだがそれ以外でも、
自分の心が求めるものを、より忠実に形にしていきたい。
実現出来るかどうかとか
時間が、環境が、とか
自分を縛り、制限するものは、考えを小さくしてしまう。
まず、何をしたいか。
それを実現するためには、どうすれば出来るか。
今年は行けなかった、海外にも行きたい。
中断してしまっているフラメンコも再開したい。
やりたい形のライブも沢山あるし
研究所の仕事でも、やりたいことが沢山ある。

===
情勢は明るくない。
拡大し続ける放射能汚染、混迷する世界経済。
ぎりぎりの構図で踏みとどまってはいるが
何かが一つ崩れたら大きく崩壊してきそうだが
その中でも、自分を生きること。
自分の時間を、生き続けること。
遅まきながらようやく
自分の時間を、自分のペースで
歩き始めることが出来た気がしている。

===
それにしても、本当に今年は色んなことがありすぎた。
今年が終わる、という感慨で、涙が出そうになる。
かなりしんどく、辛いことも多かった。
でも、それを上書きしてくれるような、素晴らしいことも多い、一年だった。
今年も本当に
沢山の方に、お世話になりました。
来年からも、もっとお世話になります(^^)
どうぞ皆様、良き年をお迎えください。
2011.12.31
18:20
奥本めぐみ

Follow me!