美学〜SONIC LOGICライブ記

昨日9/16。
待ちに待っていたSONIC LOGIC featuring中路英明(Trb)氏のライブ
無事大盛況にて終了致しました[ぴかぴか(新しい)]
来て下さった皆さん、本当にありがとうございました!

未だ体から、熱が引きません。

対バンのStray Nutsの演奏も素晴らしかった。。。
2日前にお父さんになったばかりの古賀くんGtの演奏も
優しい愛に溢れた音で、ほんとうに良かったです。

===
何事も
続けてみるものだなあ、、、と
思いました。。。。[夜]
いい気分なので、酔いどれながらですが
こういう文章は今しか書けないので、書かせて下さい。
乱文陳謝。

===
今回中路さんにお声掛け頂いて、共演という運びになってから
何をやろうか選曲していて、ひとつ意を決したこと。
OBATALAの最初のアルバム、1曲めに入っている
”Everything happens to me”をやらせていただけないかと
申し出ました。

このアルバム、今でも一曲めからソロ部分まで口ずさめるほど
ヘビーローテーションで聞いたアルバム。
そんな曲を、一緒にと申し出るのは
さすがの私もかなり決心が必要でしたが…(笑)
快くOKを頂いて、昨日の当日リハ、そして本番。

プロになると決意した日、そこからの道のり、夢に見たステージ
周りから見たら、メジャーで大阪城ホールに立ったわけでもないので
ほんの小さなことなのかもしれませんが
自分にとっては、
例えば小さい頃から野球をしてきて
高校で、甲子園の開会式に降り立ったような
そんな感慨が往来しつつ、
でも、もう楽しくて楽しくて。。。。[るんるん]
こういう一瞬があるから
また頑張れるし
こういうひとときがあるから、生きて行けるのかもしれないな…と
本当に思いました。

===
終演後、中路さんから、嬉しい一言を頂きました。
私が大尊敬する、OBATALAの初代ピアニスト中島徹氏。
何度もここでも書いております通り、高校のブラバン時代からの先輩ですが
彼に感じるような、通ずる美学を感じた、と。

【美学】

もちろん徹氏に遠く及ぶべきも無いのですが
己の音楽、そして生き方に対する
美学、哲学、という言葉は
私の信条でもあります。

自分は超強運、というわけでもないし
偶然の幸運に満ちあふれている方では、決してありません。
どちらかというと、一つ一つ、自分の手でつかみ取っていくような
地道な生き方です。

が、エレベーターで偶然降ってくるような出会いに恵まれるような人とは
決定的に、本質的に違う
美学と哲学を、その中で磨いてきました。
(どちらがいい、ということではありません。)

その美学と哲学を完遂することでしか
私は音楽は出来ませんし、生きることも出来ませんけれども
昨夜のような、遠くの星にふと手を触れられるような瞬間が訪れるなら
悪い人生では無いなと。
”夢はいつか叶うもの”
ありきたりの表現ですがそれを体感した夜でした。

今日はすっかり抜け殻ってしまいましたが
それもまた一興。このままお気に入りのお酒と音に浸って
眠ることにします。
また明日から、頑張ります。

これからも応援よろしくお願い致します。

終演後、中路さんとSONIC LOGIC、そして共演のStray Nutsと。
中路さんは楽屋にあった誰かの忘れ物のサングラスをかけて(笑)
前列=新米おとーちゃん古賀和憲Gt(Stray Nuts)
後列左から=中路英明さんTrb、わたくし、吉川弾Dr(Stray Nuts)、堀内JohnHori正隆Bs(Stray Nuts)、渕雅隆Dr(SONIC LOGIC)、荻野哲史Bs(SONIC LOGIC)

◆9/16(金)SONIC LOGIC featuring 中路英明(Trb)
Let’s Roll
Sunny Sky
Start to Move
Angel
Everything happens to me
A Night in Tunisia
<Encole>
Come with me

Follow me!