鎮魂歌

宮古島からの帰りの飛行機で、思いついたフレーズがあり
それをモチーフに、鎮魂歌を書いている。

===
いつまでも
夢じゃないことも理解してるのに
どうしても
泣き叫びたい思いが込み上げたりして。。。

私たちに寄り添ってくれて
もう18年?
まだ2、3年のような、気がしてます。
頑張りましょう。

貴女の優しさに
娘のために
私の為に
また来てくれるのを、待ってますね。

===
震災で逝った亡き友の親御さんから頂いたメール。
阪神淡路大震災は、今も、終わってはいない。

そしてそういった、大きな災害の影に隠れて
台風、水害、天災、事故、病気、、、
・・・人それぞれの悲しみは
数や規模の大きさで、比べられるものではない。

===
直後なら許された涙も
時が経てば、何を今更とか
もっと悲しい思いをしている人はいるのよ、と言われたり
自分でもそう思ったりして
だんだん、泣くことを許されなくなるけれど

そうやって、時間が経ったら簡単に
じゃあここで、と言って
時間を切り分けるように忘れることが出来たら
どれほどいいだろう。
むしろ時が経てばたつほど
状況と感情は浄化され
その人に対する愛しさと、哀しみだけが浮き上がってくる。

===
先日の式典の、5時46分前の沈黙のような
時間の分だけ、張りつめた水面。
それを緩め、掌に掬いあげる
時の雫のような
優しく、穏やかな歌に、描きたい。

===
昨秋、ベランダの鉢植えに植えた、チューリップの球根。
今朝見ると
小さな芽が顔を出していた。
亡き友が、高校を卒業するときに
こんなことを言っていた。
「白いチューリップの花束もらえたら最高やなあ。」
385201_517286848293983_1456862140_n.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です