長月二十六日、無題。

“俺な、オレな!
絶対結婚を成功させる方法知ってんねん!”

“えーそんなんあるわけ無いわ
あったら俺んとことーちゃんおるはずやん”

今日はデモンストレーターのお仕事。
早い時間に終わったので
帰宅して香雪の散歩に出ると
小学生ズの下校時間。

十三の小学生男子の会話は
シュールだ。
いつも思うが、十三の子供達の生命力は
なかなかに底力がある。
彼らは大人になっても
どうにかして生き抜いていけると思うことが多い。

===
仕事の帰りがけ、久しぶりにゆっくり本屋に寄る。
昨日、年末の楽しみなライブに向けて
ある方といろいろやり取りをしていて
お互い曲を書くことになり
それにあたって双方の好きな映画や本を挙げてみた。

予想通り、私の好きな映画や本は
意外、という返答を頂いたのだが(笑)
オカルトとかアクションとかむっちゃ見そうでしょ?
全く見ませんよ。

好きな本って何だったかな、と思いだすうちに
読書熱に火が点く。
読み始めると寝食を浸蝕し
他のことを全部放り出して読んでしまうので
読書は、私にとっては毒と薬の紙一重なのだが
目に留まった3冊を買い求めた。

【光媒の花】を読んで以来
柔らかいが、どこか冷たさを持った筆致が気に入っている
道尾秀介氏の短編
あとの2冊はジャケ買いならぬ、タイトル買い。

【嘘をもうひとつだけ】
【世界は「使われなかった人生」であふれてる】
いいね。
それだけで何か書けそうだ。

===
夢、と云う程では無いのだけど
いつか
小説を書いてみたい。
IMG_0233.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です