雪の由布岳

さんふらわあJazz Nightの演奏仕事で、大分へ。

2010年1月から始まったこの仕事。
記念すべき第1回めから乗せていただいていて
今年で4年目。
数えてみると、実に22回目の乗船でした。

朝早く大分に着き、夕方に出るまでの半日フリー。
この半日旅が楽しみな仕事で、色々なところへ行きましたが
湯布院はほぼ毎回訪ねる場所。
女子旅プランでもよく紹介されるこの場所は
柔らかいお湯の温泉が本当に素晴らしく
日帰りの立ち寄り湯でも、いい温泉が揃っています。

さて。今回ですが。
初めて、一面の雪景色の中の、湯布院旅となりました!
IMG_1391.jpg

前日、高速が雪で通行止めになるほどの大雪。
これはさすがに観光は厳しいかも、と思いましたが
今年になってますますパワーアップしている晴れ魔力のおかげで
天気は朝から快晴!
太陽に映える雪景色の大分。
最高!
IMG_4665.JPG

さすがに一般道はチェーン規制だったので
高速を使って一気に湯布院へ。
IMG_4664.JPG

そして今回は、ゆっくり1日かけて湯布院を散策することに。
まずは、まだ行ったことのなかった、トリックアート迷宮館
訪ねてみました。

重力のおかしい部屋。
IMG_4676.jpg

空中浮遊???
IMG_4706.JPG

わっ、ランプの中に閉じ込められてる!
IMG_4707.JPG

他にもたくさんのトリックアートが。
きゃいきゃいはしゃいでしまった。
外へ出ると、小川沿いにひっそりと、老舗旅館が立ち並ぶ。
雪に音が吸われて、静かな朝。
一度ゆっくり、泊まってみたいなあ。。。。
IMG_4698.JPG

そのまま湯の坪街道を上がり、金鱗湖へ。
湖畔のカフェのテーブルにも雪が残っていたり、と
いつもの景色とは違った装い。
そろそろ開き始めたお土産屋さんをゆっくり見つつ
もうすっかり顔なじみになったお醤油屋さん【喜多屋】のお母さんと
試食をもらいながら、何やかんやとお話しして
自宅用の醤油を買い求め
お昼はいつも行く郷土料理【食咲ゆふいん】で鶏天、馬刺、地鶏のたたきに舌鼓。
IMG_7388.jpg

IMG_3066.jpg

名物ぷりんどらを食べ歩きつつ
湯の坪街道をもう1往復していると
ますます晴れ渡ってきたので
この絶景を見ずに風呂に入らない訳にはいかない!と
お気に入りの【山のホテル 夢想園】へ。

こんな山を目の前に仰ぎ見ながらの、100畳の露天風呂。
昼間の露天なので、香炉峰の雪は、ではありませんが
穏やかに晴れ渡る青空、雪を頂く由布岳、人の少ない露天風呂。
もう最高でした。。。。
IMG_4709.JPG

===
最初にこの仕事で船に乗ったのは、手帳を見ると
2010年1月10日。
ちょうど帰り便で誕生日を迎える、ということもあり
それだけでも楽しみだったのですが
大分はあまり詳しくなく、どこに行っていいかも分からず
とりあえずガイドブックを買って、景色の良さそうだった
夢想園のお風呂に行ってみたのですが
青空に聳える、目の前の由布岳を眺めながら
露天風呂につかり
「あぁ、、こういう仕事がしたかったんだなー。。。
こういう仕事を、したいなあ。。。」
とつくづく思ったのでした。

===
演奏は行きと帰りに2ステージずつ。
それ以外は、船の上と、九州の大地に拘束されているわけで
そういう意味では、演奏時間に対しての拘束時間が
とても長い仕事です。
旅が好きでない人には、かなり苦痛かも。
でも、この拘束時間は
家に居てもなかなか作れない、自由な時間。

ぱっと行って、演奏して、演奏終わったらすぐ帰る、という演奏の仕事も
あるのですが
正直なところ、あまりそういう仕事には
やりがいを感じられないのです。

===
歌。音楽。旅。人生。
共通項は【時間】【人】
聞いてくれた方や、旅先の人と話したり
訪ねた場所をもっと知ったり
お金にはならないことなのですが
自分にとっては、とても大切な要素。

===
九州新幹線が出来たこともあり
フェリーの経営状況も、厳しくなっていると聞きます。
別に宣伝を任されているわけでもなんでもありませんが(笑)
20代の頃から、北海道航路に車を積んで、フェリー旅をしてきた私にとっては
船旅、というのは、他の空路や陸路の旅には変え難いもの。
このブログを読んで、船に乗って旅したいなあと思ってくれる人が
一人でも増えたらと思っております。

===
風呂にゆっくりつかり、これまた名物の
限定個数の名物プリンを食した後
一般道で帰れそうだったので
由布岳のふもとの道を帰りました。
すばらしい景色。。。雄大。
九州の山々は、優しく、懐が深いです。
IMG_4716.JPG

これにすっかり癒されたのか
帰りの演奏はかなり盛り上がりました(笑)
そして今回は、見て下さった方から
このサイトに
ご感想まで頂きました!

===
きりっと冴えた、雪の湯布院も
趣があって、いい時間でした。
次は3月。
楽しみ♪
IMG_4703.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です