begin again

夏休み中に見たbegin againという映画。自分の曲をとても大切にしているソングライティング能力の高い女性歌手。共作していた彼に裏切られ家を飛び出した彼女が友達のライブに引っ張り出されて仕方なく歌った歌が、これまたずっとやってきて多くのアーティストを排出した自分が立ち上げたレーベルの同僚と喧嘩して飛び出しヤケ気味でその店に飛び込んできた元敏腕プロデューサーを刺激し、そこから彼と周囲を巻き込んだ新しい物つくりが始まる。

 
2014年の作品だそうだが、その数年前に行ったニューヨークの風景や人の感じがそのまま思い出されて懐かしかったり、自分の信念を捨てずどこまでも納得できるものを作ろうとする姿に共感と、自分にそれがまだ出来るのかというちょっとした不安と。
 
+++
昨日、一昨日とすみだストリートジャズフェスティバルに初参戦。長く出演している高槻ジャズストリートの弟イベントで、話は聞いていたが初日に会場に行って高槻の手法が見事に引き継がれつつすみだの形になってそこに在ることと、会場設営やスタッフの雰囲気はどこか高槻イズムの匂いがして、アウェイなのにホッとした。
 
が、見て下さる方はほぼ100%自分を知らない人たち。何をやるのか、選曲、曲順、非常に迷った。
 
+++
でも。
自分はやっぱり、オリジナル。耳慣れたカバーをやる方が人は集まるのかもしれないが、そういう場所で自分のメインであるオリジナルで勝負出来ないようでは、いくらその時だけ人を集められたってダメだ。
 
+++
さてこの二日間。
 
初日を見て、翌日も来て下さった方もあり、2日目はミュージシャン仲間がふらっと思いついてわざわざ聞きに来て下さったりと嬉しいことも多くあったし、何より最初遠巻きに見ていたお客様方がどんどん前に出てきて、見慣れないフラメンコのパルマを真似しようとしてみて下さったり、体を揺らしたりニコニコしながら楽しんでくださって、曲が終わりでは音が消え切らないうちにわーーっと拍手がわき起こり、最後は手拍子して口ずさんで、あの曲何て曲ですか?!と聞かれたり、フライヤーください!CD買います!と近寄ってきてくださったりと。とても手応えのあるステージが出来た。
 
+++
ようやく、こちらで、スタートラインに立てた想い。やっとちゃんと、”ライブ”を出来たような。
 
2日間3ステージありがとうございました♪
次回は10/10@赤坂ノベンバーイレブンス!
 
◼️Flamenco-Jazz-Funk Trio@すみだジャズ
 
Sunday Morning -Flamenco-jazz-funk trio version-
愛の雨
砂影の涙滴
ENTRADA
 
IMG_5550 

IMG_5546 

IMG_5562 

IMG_5563 

IMG_5564 

IMG_5567 

 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です