バーブラ・ストライサンド新譜

敬愛するバーブラ・ストライサンドが今年つい最近出した新譜。

予約注文していたのが今月頭に届いていて、届かなくてもAmazonミュージックでも聞けたけど、今回の並々ならぬ渾身迸る一撃な意気込みを本人のツイートでも見ていて、これは盤を買ってライナーノーツを読んで聞こうと思っており、今日ようやく開封の儀ののち、拝聴。

あの。。もう凄すぎて、何も言えません。。。

 
これほんと、普通の人にももちろんやけど、ミュージシャンにも聞いてほしい。御年、76歳。この歌このサウンドこの内容。声の力、意志、表現。珍しくR&Bな仕上がりの曲もあり、またそれがめーちゃーくーちゃーかっこいい。
 
 
歌は、こんな声をどうやってこの年齢までキープってかますます伸びやかなんですけど、、、どうやってんの、、ホンマに本人に聞きたい。ちょっと信じられない。。。
この方の若い時の声は正直、出すぎててトゲがキツくてあんま好きじゃなかったりするんやけど50過ぎたあたりから丸みと枯れが出て更に伸びも増して、流石に昔に比べたら高音は減ったけど、それでもこのジャストのタイム感とビブラートの細かい使い分け、息のコントロール。
うまく若い人のサウンドも取り入れつつ、若作りではなく、時代の先端を歩いてきた彼女しか作れない作品になってます。
 
うううーーーん、こういうのを作りたい。一生。
やはりバーブラは一生、その背中を見て追いかける存在のようです。あーもう一度見たいなぁ。。!!!
 
IMG_7551 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です