弾き語りの部屋131〜Happy Days are here again

毎週土曜は弾き語りカバーの日!
コロナ禍で世界中が閉塞感と不安に包まれている中、まさに今こそこの曲を歌いたいと思いました。Barbra Streisandの名唄で知られる、素晴らしい曲です。
歌詞をぜひ知っていただきたいので、和訳を載せました。一応自分で訳しました。

【Happy days are here again】(幸せな日々がまた)

さようなら、悲しみ
消えてしまえ、悪いこと
今度こそ、 あなたとはお別れ

こんにちは、楽しい日々
灰色の曇りの日は
もうすでに過去のもの

幸せな日々がここにまたある
頭上の空は、また晴れ上がった
さあ、元気になる歌をまた歌おう
幸せな日々が、またここにある

今こそ、みんなで叫ぼう
このことに疑いを持つ人は誰もいない
さあ今、世界に伝えよう
幸せな日々が、またここにあると。

心配事は消えて
悩みは何もないの、これから
そう、これからは

幸せな日々がまたここにある
頭上の空はまた晴れ上がり
元気になる歌をまた歌おう

幸せな日
幸せな夜
そして幸せな日々がまたここにあることを!



ああもう本当に、どうか1日も、一刻も早く
この日を高らかに歌える日が訪れますように!


そしてそれを祈りつつ、今我々にできることは、
 
家 に い る こ と で す!
 
感染力の強さ弱さ、感染している人の数、どれほど恐ろしいものなのか実は大したことないのか、実情は専門家じゃないし、専門家でもまだデータを集めているところです、誰にもまだ実態はわかりません。
 
ナンチャラ政権に数値を隠されているのかもしれません。日本は検査も少なくしているのかもしれません、そんなもん、真実は誰にもわかりません。わからんもんを疑っても仕方ありません。
 
が、今現実に事実として
 
今日は都内や横浜では商業施設はほとんど閉まっており
 
娯楽施設は長期の休業に入っており
 
外出自粛が出ており
 
感染者は増えていて
 
オリンピックは延期され
 
ライブハウスでのライブは激減しているというです。
  
何かが隠されているのかそうでないのかは知りませんが、実際に感染者が減ってくる兆候が見えないことにはどんな営業ももとには戻らないのです。  
  
ぶっちゃけ大したことないんちゃうんと思う気持ちも正直あります。ありますよ。が、その行動が、明日の誰かの行動を制限するかもしれません。そう思うとライブやイベントを強行する気にはなれません。
 
ちなみに昨日、4、5月の無職が確定しましたが別に気にもしてません。国もなんかくれるんやったらもらうけどあてにはしてません。家にいて空から核爆弾降ってくるわけやないし、元気やったらどないかなります。長い人生のうちの数ヶ月なんか、ただの誤差です。
 
というわけで、
Happy days are here again!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です