As long as I’m still in the game~伊藤志宏DUOツアー御礼~

遅くなりましたが伊藤志宏くんとのDUOツアー
各地で盛況にて終了することが出来ました♪
沢山の方に来ていただいて、本当にありがとうございました!
さて。ざくざくっと、ツアー記など。

◆9/4(水)@大阪ロイヤルホース
1186007_617845518238115_456315435_n.jpg

初日は大儀見元さん(Perc)と澤田浩史さん(Bs)を迎えて
のっけからスペシャル版。
大儀見さん曰く「極悪カルテット」(笑)

この日は今年書いた新曲【愛の雨】【ENTRADA
そして、このツアーのために書いた新曲【一羽の鷹】を初披露。

深刻な状況の中、最後にふと救われるような曲にしたかったのですが
「最後に光が射す感じがした」というご感想を頂いた。良かった。。

沙漠を彷徨い、疲れて帰るところを求めている
一羽の鷹、とそれを受け止める人、のお話。
鷹は、戦う女性、受け止めるのは男性。

色んな所を深読みして欲しい歌です。
珍しく社会的なこと書いてます。隠喩ですけれど。
でも、この歌は、やっぱり、ラブソングなんです。

そして今年の春に描いたフラメンコ調の新曲【愛の雨】
2番の真ん中あたりで、自分の中で ”ぱちん” とスイッチ入る音がしました(^^;)
いやー凄かったな。
皆さんBOOSTしてた。
音量とかではなく、気迫?が(笑)

演奏後の大儀見さんの名言「姐さん待ってーーー!」
・・・すいませんでした(笑)

大儀見さんの素敵な歌にも包まれ
贅沢な初日!

この4人またやりたい。
ってかやります!
<1st>
Overjoyed
Fever
Elenor Rigby(大儀見さんVocal)
星降る森
愛の雨
Vera Cruz
<2nd>
Cuban Cigars
一羽の鷹
I can see clearly now
Love Stories
Sabor a mi(大儀見さん・めぐみvocal)
ENTRADA
<Encole>
白い坂のある街
大儀見元:Perc/Vo
奥本めぐみ:Vo/Key
澤田浩史:Bs
伊藤志宏:Pf

~~~~~
◆9/5(木)@広島Comin
1175171_618201928202474_1085365435_n.jpg

私にとって初の広島。
縁あってこちらCominさんでやらせてもらえることになったのですが
何と居心地のいい、フラットなお店だったこと。。。

ピアノがとても素直で豊かに鳴るハコで
音環境もとってもやりやすく
志宏くんの真骨頂ともいえる珠玉のピアニシモマジックに包まれて
この日は極悪から一転、深刻ロマンチック。

Cominの杉野ママがこれまた、フラットでストレートな素敵なお人柄。
またこのお店でやりたい、と思えた夜でした。
広島のお客さまも、おとなしいとお聞きしていましたが
かみしめるように楽しんでくださってるのが伝わってきた。
嬉しかった。。。♪

広島在住の高校の同級生も見に来てくれたりと
楽しい夜でした。
<1st>
I can see clearly now
Black Crow
Here’s to Life
Love Stories
白い坂のある街
月の涙
<2nd>
Fever
一羽の鷹
Scarborough Fair
雨の向こう側
星降る森
ENTRADA
<encole>
His eye is on the Sparrow
~~~~~~

◆9/6(金)@神戸Rustic House
553524_241039916043667_107393111_n.jpg

来て下さった方々の想いをこれほど深く感じた日はありませんでした。
皆さん本当にありがとう。
しかし2ndステージの2人の集中力は凄絶でしたね。。。

【白い坂のある街】の志宏ピアノソロは
本人も「弾きながら感動して泣きそうなっちゃった」というほどの
驚異的な集中力、と、憑依っぷり。
お客さん感涙。まぁ、ありゃ泣くわな(笑)

ピアノがアップライトだったという都合上
段違い平行棒的背中合わせな感じで弾くことになったのですが
これがカッコよかったとのご感想を頂いた。
えへ、狙い通り。

視覚的にかっこいい、というのは、音楽でも最も重要ポイントですから!(笑)
・・・終演後、中山手を歩いていたら目に入った看板が気に入り
ふらりと入ったバーが、嫌みの無い実直なおにいちゃんが一人でやっている店で
話もナチュラルでとてもくつろげた。
いい店に出会った。
<1st>
I can see clearly now
Black Crow
Here’s to Life
Scarborough Fair
星降る森
月の涙
<2nd>
Fever
一羽の鷹
Love Stories
雨の向こう側
白い坂のある街
ENTRADA
<encole>
His eye is on the Sparrow

~~~~~
◆9/7(土)@名古屋キャバレロクラブ
1208675_571709402875021_743726584_n.jpg

8月にちらりとお邪魔して、30年ここでやっているという
時間の沁み込んだライブハウス。
とてもいい雰囲気です。
ステージの後ろに、振り子時計があるのですが
これが、静かな場面で、かち、かち、かち、と時を刻む音がするのが
何ともいい感じで歌えました。

個人的に、秒針の音、ってとても好き。
色々な想像が湧きます。
見えない時の進行を、音で感じられる、というか。。。

DUOって、本当に毎日違うのですが
この日は志宏氏のピアノは随分骨太かった。
演奏後は、定例・キャバレロBOSSのダメ出しからの
深飲み。
よく飲みました。
そしてツアー3日目にしてようやく集合写真。
いつも撮り忘れてしまう。
1208815_619108574778476_491922592_n.jpg

<1st>
I can see clearly now
Black Crow
Here’s to Life
Scarborough Fair
星降る森
月の涙
<2nd>
Fever
一羽の鷹
Love Stories
雨の向こう側
白い坂のある街
ENTRADA
<encole>
His eye is on the Sparrow

~~~~~~
◆9/8(日)meets中路英明(Trb)@小山Fellows
IMG_8401.jpg

ツアー千秋楽は、トロンボーン中路英明さんとのスペシャル版。
間に番外編的DUOコーナーを挟んでの3セット、という構成でお届け致しました。

==
名古屋から小山への移動中。
ある指摘を受けて、それがとても心に留った。

それは、私の欠点を見事に短い言葉で言い抜いていて
なるほど…と、とても合点の行くことで
なんと難しい、、、と思ったのですけども
ツアーの最終日、集大成として
音楽人として
そこは一歩抜けて向こう側に行きたくて
リハを終え、着替えて本番直前
軽食を買いにコンビニに向かう道々
ぶつぶつ云いながら悩んで
本番直前に、2つ、あることを変更しました。

今まで別にそれにこだわってたわけでもないのに
どういうわけか、習慣でそうしてしまってたこと。

そうしちゃいけないような
そうしなくちゃいけないような
気がしていたのです。
何でかな。。。?分からん。
見えない鎖ですかね。。。
1009863_473016356131073_1266161460_n.jpg

で、その変更は
どうやら正解だったようで
1ステージ目は見ていただいていた中路さんから
あの1曲目は素晴らしかった、との評を。
1185169_619566871399313_805039770_n.jpg

とてもうれしかった。
自分には、とても大きな挑戦だったのですが。
そして3ステージ終わってから
ここ1年半、良く見てくださる関東のお客様が、もう言葉にならないという表情で

「・・・今日ほんとに良かったの(T_T)
…ほんとに良かったの、、、!!
もう、素晴らしかったの!!」

と、目をうるうるさせながら言ってくださった様子に
あ、伝わった
と。

それにしても
中路さんの、星降る森のソロ
志宏くんの、一羽の鷹&白い坂のある街のソロ
化け物でした。

2人とも、物凄い、素晴らしい、歌い手です。
ぞわぞわした。
こんな2人と、演奏出来て
自分は、果報者だと、つくづく思った夜でした。
557479_619566841399316_280550123_n.jpg

<1st>めぐみ志宏DUO
Here’s to Life
I can see clearly now
一羽の鷹
月の涙
Love Stories
<2nd>extra DUO
Your Song/弾き語り
Scarborough Fair/中路&めぐみduo
星降る森/中路&めぐみduo
Falling Grace/中路&志宏DUO
<3rd>中路・志宏・めぐみTRIO
Black Crow
Fever
雨の向こう側
白い坂のある街
ENTRADA
<encole>
His eye is on the Sparrow

=================
あぁ、ツアー終わっちゃった。。
またやりたいな。
楽しかった、っていうか
うーん
よく分からないな。

ただ、間違いなく言えるのは
音の去り行く後ろ姿を、いつまでも引き留めていたい夜でした。

大阪、広島、神戸、名古屋、小山
来てくださった沢山の皆様
ロイヤルホース関さん小林さん
Comin杉野ママ
ラスティックハウスまきさん
キャバレロのBOSSとデミさん、ちかさん
フェローズの秋山さん

そして5日間、全行程クルマ移動という無茶極まりない行程で
共に音出してくれた志宏くん。
初日にあんなステキな音を出してくださった極悪カルテット大儀見さん、澤田さん
千秋楽に大きな愛で包んでくださった中路さん
本当にありがとうございました。

あーんさみしーよー!(T_T)
DUOも中路さんとのトリオも極悪カルテットもまたやるからみんな来てー!(笑)

・・・
それにしてもあたし
今まで
何にも歌えてなかったな。
最終日は、少し、歌えた気がする。
歌、て
音楽、て
ほんまどこまでも終わりが無いな。。
だから続けてしまうんかなあ。。。。

===
・・・There’s no yes in yesterdays,
& who knows what tomorrow brings or takes away
As long as I’m still in the game I want to play
For laughs, for life, for love.
So here’s to life, & all the joy it brings.
Yes, here’s to life
& dreamers and their dreams
May all your storms be weathered
& all that’s good get better
Here’s to Life, Here’s to Love, Here’s to You

過去には答えは無く
かといって、明日が何をもたらすか、何を取り去るかも、誰にも判らない
でも私は、人生が続いている限りは生き続けたい
笑いと人生と愛のために。
だから、人生に乾杯。
人生がもたらす喜びにも。
人生に乾杯 夢追い人と、かれらの夢のためにも。
嵐は全て乗り越えられますように
良い事はさらに良くなりますように。
人生に乾杯、愛に乾杯、そして、あなたに乾杯。

【Here’s to Life】
IMG_7814.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です