その道は曲がりくねっていても

ある人の心に触れたいと思っても、頼んで見せてもらえるわけではないし、ましてやその心の底なんて、やすやすと覗かせてもらえるものではない。

が、全く思いもかけない形で、思いもかけない時に、ふとその人の思いの水底を見せてもらえることがある。

今日はそんな日だった。

単なる事務的なやり取りのつもりで送った連絡に帰ってきた返事。

自分が思っていた以上に、相手は、私のことを考えてくれていた。ほんまに、みんな。

+

小学校の卒業の答辞、生徒が数珠つなぎで言葉を言っていくアレで、自分の担当だった言葉

“その道は、曲がりくねっていてもー!”

その道は険しくとも

その道は曲がりくねっていても

知恵と、勇気と、体力で

一歩一歩、進んでいきます

当時の答辞の一部(とうじのとうじ…洒落では無いw)

+

自分はこうなんだろうなぁ、と思うことと

自分はこうなんだな、と自覚することは、似てるようで全然違う。

こうなんだろうなぁ、には、こうでありたいなぁとか、こうだといいなぁ、という希望が含まれる偶像。こうなんだな、は、実像、そしてその受容。

そして、こうなんだな、と言う姿と、こうだといいなぁ、が一致するかどうか、も、また別。

幸いにも、こうだといいなぁという自分と、こうなんだな、っていう自分が、一致してた。

こうでありたい自分に、近づいては行ってるってことなんやな。

。。。しんどいけども。前に道無いとこ切り開いて行くんは。

でもやっぱり自分は、旗をあげて、振って進むのが、役割なんやな。

これなんか意味あんのかな、って思って、かなり悩んだ。ほんまに。

でも、違った。

これ自体が意味だった。

さて、踏ん張りどころ。

畑の間引き菜。カブの芽のサラダうまし。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

全体像を見たければ

次の記事

芸術家と社会