なりたいもの、やりたいこと

小さい頃から自分には、”こうなりたい”っていう将来像が無かった。

小学校の作文で、将来なりたいものについて書けという宿題が出たが、なりたいものが別に無かったので、その日学校であった交通安全指導に来られてた婦人警官さんの制服がかっこよかったし、婦人警官になりたいっていうことにして適当に作文書いて出したら

立派な夢ですね、頑張ってね

って先生に言われて、なんかウソをついたみたいで(実際嘘なんだけども)申し訳なかった。そうやって妄想して創作するのは得意だったが、じゃあ作家になりたいかというと、それも無かった。

ただ、小さい頃から書きたい欲、作りたい欲はあった。でもじゃあそれの専門家になってそれでご飯を食べるっていう気持ちは別になかったし、今も薄いか、何なら下手すりゃ多分、無い。

+

ミュージシャンになった人々はどういう思いでそうなったんだろう。

デビューして有名になりたい?世界ツアーをしたい?モテたい?音楽を追求したい?

なんでミュージシャンになったんですか?って、本当に純粋に、ミュージシャンのみんなに質問したい。(よかったらコメント欄にでも書いてください)

+

なりたいもの、って、そんなみんな持ってるモノなのかな。わたしはあんまり、そういうものが無い。今日YouTubeをザッピングしててオススメに上がってきた、子供の頃から服が好きで60になって洋服店を出した女性のインタビュー動画も、心には響いたが、自分にはそういう、幼い頃からの夢、って、無い。

…と思っているだけなのか、実は本当は、何か封印しているものがあったりして?

いやいや、めっちゃ音楽活動してるし今も音楽でお金もらってるやん、って言われるかもしれないし、こんなこと書いたらがっかりされるかもしれない。でも、”ミュージシャンになりたいから”音楽を作ったり演奏してるんではなくて、いい音楽を作りたい、いい演奏したい、っていうのが先にある。

やりたいことは、山ほどある。ピアノをとにかく今は勉強したいし練習したい、スペイン語勉強したい、料理も研究したい、お菓子作りもやりたい、化学の勉強もしたいしこれはやらなあかんし、ロードバイクで行きたい場所、読みたい本、やりたいことだらけ。

だけど、それは、何かになるため、ではない。単純にただ、やりたい、こと。ロードレーサーをバキバキに乗りこなせるようになったからと言って、その先にプロレーサーになりたいわけじゃない。

何かに”なりたい”の先には、○○になって、**がしたい、という欲があるはずで、単に○○になりたいだけを目指してしまうと、燃え尽き症候群になってしまう。なることが最終ではなく、それになって、何をしたいか。

**がしたい、が先にある場合、どうしたらいいのだろう。それが例えば、病気の患者さんを治したいなら医者に”なる”ことが大前提になる。

じゃあ、音楽の場合は?

+

前から色んなところにちょいちょい書いたり実際に言ったりしているが、60とか65くらいになったら、居抜きのいい加減な小料理屋をやりたい、半分冗談で半分本気。カウンター4〜5席と4人座ったらみちみちになるような小さいテーブルが2つくらい、もしくはカウンターだけ。ぎっちり詰まって12〜3人くらいしか入らない店。コロナじゃ無理やな笑

メニューは無し。その日の揚げ物、その日の炒め物、その日の煮物と、大皿のおかずがいくつか。酒はビールと焼酎だけ、飲みたいもんがあれば自分で持ってきて、みたいな。でも、クッソ美味い、みたいな店。行ったら誰かいる、みたいな。小銭は置いてなくてお会計は札だけで、一杯しか飲まなかったしじゃあ2,000円、あんた飲んだから4,000円、みたいな、とか思ってたけどこの時代ならもうペイオンリーかな。

って考えてると自分がなりたかったミュージシャン像って、とても人に近い、来てくれた人と喋りながら飲みながらわいわいとやれるような、そんなライブなのかなぁ。地元のスナック的な?何万人の箱でツアー、とかじゃなく。てか、そういう感じでやってきたつもりだけど、もっと近いっていうか。そうなると、コロナじゃ無理よね。

…とか、なんかそんなことを最近、ずっと考えてる。特に結論無し。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ドホナーニ

次の記事

レッスン動画を