シューフィッティング

昨日。初めてシューフィッティングに行ってきた。

実は靴にずっとずっとずーーうううっと悩んでいた。幅広なのに、幅に合わせて靴を買うといつもカカトがぶかぶかに抜けてしまう。

かと言って足の長さに合わせると今度は足幅が全く入らない。スニーカーですら足幅のところが当たって痛いという始末。

なのでいつもストラップ付きの靴か、靴を固定できるストラップバンドを装着して履いていた。

サンダルやブーツは履きやすく、割とどれ買っても合うけど、ステージ用のパンプスなんてこれはフィットしてるなんてのに当たったことがなく、いつもどこかを諦めて履いていた。

たまたま合うのが見つかっても、履き潰す頃にはモデルが変わりまた合わなくなり、靴ジプシーの旅に出るのも面倒だし、面倒な上にどうせどれも合わへんのやろとうんざりして、キャリーみたいに(注・Sex & the cityの主人公)靴に一目惚れして散財したり、靴に埋もれるなんて全く想像もできないし、むしろ靴なんて憎むべき存在、くらいだった。

先月色々断捨離した中で、もうこんな足に合わへん靴なんかうんざりや!全部捨ててやる!と痛いしどうでもいいような安い靴を投げ捨て、もうこれはプロにお願いするしかない、と藁を掴む思いで行ってきた。

プロの診断でのわたくしのアンヨは、コレは市販で合う靴はほとんどないでしょうね、という判断。やはり…

加えて演奏用、特にピアノ演奏時の靴という、靴のプロをも2時間悩ませる格闘(笑)の後、ついに、おおおおぉ、これはいい、、、、というのに当たる。なにが驚いたって…

まさか!ストラップなしでパンプス履けるなんて!😭

つかなんで今までこうしなかったんだ!

少し前のブログに、40年来悩んでいた体質改善に取り組んだとあったが、今年はコロナ禍になる前、年明け早々から、放置していた歯の治療を始めて秋頃終わったのだが、思い返せばその辺りから、今の流れが始まったのだと思う。

放置し続けていた体質や体の問題の、改善。

それにしても何で人は、○○○だから、という理由で、自分の難を放置しておくのだろう。

合う靴が無いならもっと早くに専門家に診てもらって頼めばよかったのだ。一般的な足型では無いことは分かり切っていたのに、それをそこらの安い靴で済ませ、足が痛い痛いと文句を垂れる。

アホちゃうかな笑

ちなみに診断の結果は、一般の人より足幅が広い割に、極端にカカトが細いとのこと。足幅だけなら25くらいの人の幅、でもかかとは22くらいの人の幅だそうだ。長さ的なサイズは23.5〜24。そりゃーどの靴も合わないよね笑

そのブランドの靴を買い、インソールを色々調節していただき、足のこともたくさん教えてもらった3時間。

こんなほっっっそい靴。自分ではぜっっったいにまず見た目で入らない!って思ってしまって、見もしない靴。

今度のホテル仕事でデビューさせよ。

そして、今日からは、外反母趾を治すことに本格的に取り組むことにした。テーピング、靴のインソール、マッサージ、、、ぐぐりまくり。早速テーピングしてみたけど、足が開放された感じが気持ちいい。

春くらいまでに少しでも良くして、パンプス履いてぱぁっとお出かけしたいなー👠

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お買い物日

次の記事

遠きに行くは必ず