スタイル

どこに住んで、何の仕事をして
いつどれだけ眠って、何をどれだけ食べて
誰と居て、何をして過ごすか
どう暮らして
どう生きるのか
万人共通の正解は無い。
答えは、無垢な心の底に眠っている。
なりたい自分、なりたくない自分
自分でも認められる自分自身と
認めたくなくても認めざるを得ない自分
常識や過去で出来たフィルターを全て外して
心の入り口から自分自身を見通したら
そこに答えは眠っている
選ぶ過程で
引き受けたり捨てたりするものはそれぞれ違う
何を捨ててどれを引き受けても
捨てた物に対する未練や愛着
引き受けたものに対する覚悟はつきまとう
けれど
自分自身を引き受ける覚悟が決まった人の人生は
この秋色の花束のように
美しい

Follow me!