スペイン旅行記その1~サグラダファミリアへ再び~

3/5~12まで、スペイン・ヘレスへ行っておりました。

ヘレスで開催される、世界最大のフラメンコフェスティバル
Festival de Jerezに行くのが、最大の目的。

今回の旅は、本当に急に決まった旅でした。
なぜ行くことになったか、というくだりは、また後述するとして
2月のほぼ半ばにさしかかる頃に突然決まったので、とにかく飛行機が無い!!!
決まってからほとんど寝ずに2日間くらい、PCに張り付いて探しまくりました。。。
あやうくモスクワ経由しかないところだった。。。

ヘレスに行くには、乗り継ぎの関係で、スペイン国内で1泊する必要があり
多くの人は、マドリードを経由するようなのですが
私は、3年前にバルセロナに行った時に、現地に友人が出来たため
せっかくだから会いに行こうというのと
もう一度、あのサグラダファミリアを見たい、という理由で
バルセロナを経由しました。

大阪からバルセロナへは、前回はカタール航空でしたが
今回はエミレーツ航空
エミレーツの最新鋭の飛行機は、チャンネルも充実していて
USBをつないで自分のiPODが聞けたり。座席も広かった。
そして機内食がとても美味。

さらには、乗務員さんがとても美人&男前。目の保養♪
エミレーツは初めてでしたが、非常に快適でした。
まずはこれで、ドバイまで飛びます。10時間のフライト。
IMG_0011.JPG

とにかくこの旅、スケジュールを無理やり開けたため、
直前までの予定が大変なことに。
荷づくりも当日、ユーロへの換金も当日空港で。
なので、10時間のフライトは
寝る→機内食で起こされる→寝る、を3回繰り返したら着いてました(笑)
初のドバイ空港。現地時間で朝の6時。

ちょうどお祈りの時刻もあったらしく、多くの方がこの、Prayers roomへ。
アラビア語表記は何度見ても新鮮。

で。噂に聞いていた、コレ。
空港内の時計が、全てROLEX!!!!

マクドナルドも、アラビア語表示。

なぜか突然、この枯山水風の庭園。
池には鯉が泳いでました。日本趣味??(笑)
IMG_0024.JPG

ここから、さらにバルセロナまで飛びます。7時間半。
これも、ほぼ眠って終了。
乗り換え込みで約21時間を経て、バルセロナに到着。
・・・・・・なんと。
まさかの雨!!!!!!!!(笑)

3年ぶりのカタルーニャ広場。雰囲気あって、好きな場所です。

晴れ女パワーもここまでか。。。と思いつつ
どうせこの後晴れるんだろう、とか思いながら
友人宅へてくてくと歩いて、、、、、いたら
珍しく道に迷って、友人に電話しました(^^;)

2回目の街、ということで、ああ、この道ね、、、と思って歩いていたら違った。
友人宅にようやく到着。友人も私も、だいぶ雨に濡れたので
一休み。

ちなみにここ、正確には友人の友人宅。
3年前に友達なった方はなんと、子どもがまさに数日前に生まれたところのBrand-New mother!
で、その友人曰く「友達んちに泊まりなよ。言うとくから!」
というわけで、このお友達とは初対面(笑)
とても穏やかで優しいカップルのお宅でした。
旅行が趣味らしく、1年に1回は1カ月、海外旅行するとか。
去年は中国、その前はグァテマラ。グァテマラ?!と思わず2度聞きした。
日本人と話すのは初めて、日本にも行きたいんだよね、と
興味を持ってくれました。
今年の夏の旅行は日本かな?(^^)

30分ほど休ませてもらっているうちに、少し雨がおさまってきたので
そのお宅から徒歩10分!のサグラダファミリアへ。
前回、バルセロナに旅行に来たのも
このサグラダファミリアが目的でした。
中学校の頃からのあこがれの場所。
現地まで歩いているうちに、また気持ちが高ぶってきます。
IMG_0031.jpg

見えてきました。

到着。

この時点では、まだ傘が必要なくらいには、雨が降っていたのですが。。。。
入場チケットを買う列に並んでいると

・・・あら?
西の方から薄日が。。。。
これは期待♪
列も短かったので、割とすぐ入れました。

この受難のファサードは、まだ建築途中。
下に立つと、震えが来ます。
圧倒的な、説得力。

ちなみにこちらが、2010年10月に行った時の、同じ場所。

まだ色々と、細工を追加しています。
そして、中へ。
入ったとたん。。。。。

なんと。西から光が差してきました。。。。

このステンドグラス、まだ全て入っていないので
窓枠だけの場所があるのですが
光が差すと。。。

この、窓枠だけの風景は、建築途中しか見られません。

そして、光が差して初めて、この紋様が、教会内の柱に
浮かび上がるのです。

光が計算された、その見事なステンドグラスの細工に
心を奪われてしまい、立ち尽くすばかり。
IMG_0048.jpg

IMG_0068.jpg

教会内の柱は、木の造りを精密に計算して作られていて
上の方で、枝分かれして、天井を支えています。

IMG_0060.jpg

下から見上げると、本当に
枝葉が重なり合った、深い森の中に包まれているよう。

そして、教会の祭壇。
折しも夕陽がステンドグラス越しに差しこみ
極彩色の光が、柱に映り、教会を包み込んで
ここは天界かと錯覚してしまいます。

祭壇には大きなパイプオルガンが配置されていて
そこにも光は差してきます。

IMG_0105.JPG

言葉を失う光景に、脳が痺れるような感覚になりながら
受難のファサードの反対側にある
生誕のファサードへ。こちらは、ガウディ存命中に唯一完成した場所。

気付くと、青空が。

中で作業される方々。
建築途中なのを実感します。

南側で、来る者を優しげに見下ろすキリスト像。

西側には、マリア像。
IMG_0104.jpg

この光に長いこと目を奪われているうちに
あっという間に閉館時間が。
実に3時間以上、ここに居ました。

前回は、まだ黄色いテープで囲われていた祭壇がほぼ完成し
祭壇の前には椅子が並べられて
静かにしているなら、入っていいよ、ということになっていたので
椅子に座らせてもらって、しばし祭壇の前で、天井を眺めていました。
IMG_0124.jpg


~~~

人間て、ほんとうに、凄いな。
こんな、プリズムカラーの木漏れ日の射す
石の教会を
創ろうとするのですものね。。。。

閉館時間だと言われて外に出ると、もうすっかり雨はあがって、青空が。
晴れ魔女パワー、顕在。
この晴れたのはちょっと我ながら驚いた。。。(笑)

~~~
中学のとき、とある漫画で、このサグラダファミリアが
実に100年以上も建て続けていて、まだ完成していない、と知って
”取り憑かれた”と言ってもいいくらい、魅かれた。

建て続けてる、ってどういうことなのか
創設者が死んで尚、その意思を受け継いで今も建ててるって
どういうことなのか
今それを進行形で続けている人がいる、って
どういうことなのか
それを継続できる街って、何なのか。

3年前にここに来た時は
その受け継がれる意思に心を動かされ
今回は、
改めて
人の力の物凄さ、を感じた。

というのも、3年前に比べて、圧倒的に、建築が進んでいるのだ。
精緻で美しいステンドグラスは、前回はほとんど入っていなかったのに
今回はかなりの場所に入れられていて
計算され尽くされた光と建築の構造と
この完成形を思い描いたガウディの創造力。

それを受け継ぎ、想像し、具現化してきた人々の力。
完成されたとき、この光の森に集う人々を想ったとき
とてつもない、むしろもう怨念とさえ言ってしまえるほどの
人の意思と、希望の力を全身に浴びてしまい
何かに呑み込まれるような大きな力に
震えが止まりませんでした。

~~~
今のところ、2026年に完成予定らしい。
完成したら、もう一度、必ず来る。
絶対に。
やはりここは
私には、特別な場所なのです。
ヘレスに行く前に、ここを再び、訪れて良かった。
ほんの数時間の滞在だったけれども
忘れ得ぬ時間となりました。
Amen。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です