ダンサー

って凄いと思うんですよね

自分の身体を鍛え上げて自由に使って。

わたしは踊りは好きやけども踊りは出来ないので、フラメンコやジャズ系やらのダンサーの方と何かやるのは、とても好き。だからフラメンコの仕事は、かなり好き。

初めてジャズダンサーの方とコラボしたとき、エイト=8拍を1かたまりで考えるので、ひと回し、という感覚が全然違うことに驚いたが

踊りと音楽って切っても切り離せないものなのに、音楽人と踊り人の乖離に物思うことが多い。共通言語の違いがあるが、それを超えていく努力は互いに必要。

+

先日ある公演を見に行った。踊りと音楽の公演だったが、その乖離がとても気になった。個々は本当に素晴らしかったが、アンサンブルしているとは言い難かった。音が平行に並んで進んでいて、溶けたりクロスしたり混ざったり離れたりしていない。合ってるけど、合っては無い。

音響もそんな感じで、その人だけを見るならその組み合わせでなくてよかった。初日だったから、そうだったと思いたいが。

表面で合わせるのは簡単。

深部で混じり合うのは、一朝では出来ない。

やるなら、そういうものを、これからはやりたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

地面

次の記事

ルースギンズバーグ氏