トルコ旅行記1日目~その1:ブルーモスク~

ジャズストリートの熱気をまだ体に帯びたまま
5/7から、トルコへ旅して参りました。

「また海外にいない??」と友人に笑われましたが
こっちが実はヘレス旅より先に決まっていた、という。。。

関空を深夜に出て、早朝に着く、というトルコ航空の直行便は
とても快適。全く揺れなかった!
座席も比較的広く、機内食も美味でした。
到着すると、迎えてくれるのは
そう、コロンヤの香り。
IMG_0719.JPG

コロンヤ、とはトルコのオードトワレのようなもの。
空港降りてすぐに、ふわっと包まれる柑橘系の香り。
コロンヤは、トルコを旅した人は、トルコを思い出す香りになる、と聞いていたのですが
なるほど、これはそうかも。。。。

空港からタクシーに乗り、一路Sultanahmet地区にあるホテルへ。
ホテル着は朝の6:30を少し回った頃。
とりあえず荷物だけでも預かってもらえないか、
フロントの方に聞いてみたところ
部屋を調べてくれて
もう空いてるから、入ってくれてていいよ、朝ごはんもどうぞ、と。
で、通されたのがこんな部屋。
IMG_4954.jpg

お腹もすいていたので、屋上のテラスにあるレストランに行ってみると
IMG_7526.jpg

目の前にブルーモスク!!!

この景色が売りだというので予約したホテルですが
ここまで間近に眺められるとは。
これが毎朝続くのです。

ホテルの方のホスピタリティ、部屋の素晴らしさ、そして景色と立地に
朝っぱらからテンション激あがり。。。
ちなみに宿泊したのは、Fermanホテル
サイトに載っている写真や風景を、裏切らないクオリティです。
朝ごはんもどうぞ、と勧められたテラスで腹ごしらえ。

この日は、イスタンブールの主要3名所
【ブルーモスク】【アヤソフィア】【トプカプ宮殿】
を回ることに。

まずは、テラスから眺めたブルーモスクへ。
徒歩5分の距離。
滞在先は、雰囲気のあるプチホテルの並ぶ地域で
バラや、ゼラニウムがここそこに植えられていて
異国の空気を出してくれています。

坂を上がるとまもなく、ブルーモスクに到着。

庭園には、トルコ国旗を模した植栽が。

全体像の模型が、中庭に飾られていて
その横でしばらく並びます。

イスラム教の、今も使われているモスクですので、肌は出せません。
短パンや半そでの人は、入口で配られる布を巻くことになります。男女とも。
で、女性は、髪の毛を隠すため、スカーフ必須。
これも、貸してくれます。
中へ入ると。。。
IMG_0731.jpg

この全面タイルのドーム。。。。
圧倒的です。
今も礼拝で使われるので、向こう側へは入れません。

IMG_0735.jpg

そして、感動したのは、これ。
“我々イスラムは、違った意見を尊敬しています”
IMG_0742.jpg

この場所で見るこの言葉は、ぐっとしみます。

IMG_0740.jpg

外へ出ると、ようやく明るくなり、曇り空模様も、少し薄らいで晴れ間が見えてきました。

ブルーモスクは、平山郁夫画伯が描いた絵で有名ですが
bluemosk(l).jpg

シルクロードの終着点に佇むにふさわしい威風堂々。

しかしまあ、人が多い場所でした。。。
さあ、次はトプカプ宮殿へ参ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です