レモンと水

ベランダのレモンの木を育てて3年目。春にカイガラムシを取り、枝を誘引して元気になったのに、どうも夏に入って葉っぱが落ちるようになってきた。

なぜだ、、、と調べに調べていると、こんな記事に出会った。

鉢植えのレモン、夏に葉っぱが枯れて落ちていませんか?

それは水切れのせいです。レモンはとても水を必要とする果樹です。夏場は朝晩やっても足りないくらいです。

え?!?!そうなの?!?!

レモンは乾燥に強いと思っていて、水やりはいわゆる基本のキ、の、土の表面が乾いたら、に止めていた。

土の表面が乾いても、よほど放置しない限り土の中はまだ湿っているので、その基本通りにしかあげてなかったのだが、朝晩?!

ということで朝晩たっっっぷりとあげてみたら

新芽がばんばんあっちこっちから🌱🍋

そうだったのか、、、水不足…盲点だった。新芽が続々出てきて、付いていた実もぷくぷくと太り始め、明らかに元気に。

スダチと柚子にも同じようにしたら、やはり新芽が出てきて元気になってきた。

園芸は水やり10年とか言われる世界だが、ほんとに鉢植えの水やりは難しい。もう水やりで枯らすようなことは無いと思っていたのだが。

初心忘るべからず。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

民訴完パケ

次の記事

作品