僕はここにいる

その昔々、とある深い穴に落ちてしまった少年が、誰か助けて!僕はここに居るんだよーー!!と声の限り叫んだのがカンテの始まり、と、言われているそうだ。

僕はここにいるんだよー!と訴えて、その人が求めているのは、他者からの認知と承認、助けの手。
同じ状況になった時、さて、わたしはそうやって叫ぶだろうか?どちらかというと、どうにかして自力で脱出出来る方法を先に考えるような気がした。

私は、自分で日本語で曲を書いておきながら、正直あんまり、僕はここにいるんだよーーー!!!って訴えて伝えたいタイプではない。
僕の声を伝えたいというより、貴方の声が聞きたい方。

普段もどちらかというと自分から話題を提供して話すというより相手が話していることに対して答えて拡げていくタイプ。そういうところが音楽にも現れてんだよなきっと。

僕はここにいるんだよー!!って言う声に、他者は気付き振り向き、共感し共振して、広がっていく。なるほどね。ここがミュージシャンとして大きく違うんだな。

昨日拝聴したコンサート。沖仁さんの”声”を初めて聞きました。いい曲書かれるんだな。想いの伝わる、とてもステキなコンサートでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

手応え

次の記事

来週XANADUレコ発!!