受験生

まずはとにかく足を突っ込まねば始まらん、と注文してた本2冊が揃った。

敵を攻略するにはまず相手を知ること。検索すると該当省のページに普通に過去問があった。そらそやわな国家資格やもん、全部公表されてるのね。即ダウンロード。

調べるともちろん過去問解答の本も沢山出てる、なつかしーなー赤本みたい。

何を試験されるかは分かった。それさえわかれば、あとは勉強して攻略して過去問解いて、がどんな試験も基本やろから、まずはtry。

基本になる六法を手元におき、各法律の本を1冊買って自分なりに勉強してみるところから始めてみようかなと。

とゆーわけで。

突然何や気でも触れたのかと言われそですが、司法試験予備試験に3年計画くらいでチャレンジしてみます笑

挫折上等。法律を勉強することがまず第一目的。

法律知ってて損することはない。音楽業は著作権やら2次使用やら、ギャラの何たらやら契約やら、法律に絡むこともなかなかたくさんあるし。

弁護士に転職するとかやなく、とにかく時間があるし、せっかくなので全く知らない、やったことのないことをやってみたい。ので、音楽の仕事も、化学の仕事もしながら受験生🖌

でもただ勉強するだけで目的がないと絶対やらないので、試験の難しい資格を色々探した結果、司法試験予備試験を3年後に受けてみよう!とゆーのを一応目標にしてみました。

受験生なんて院試以来?かな?どんな本があるんやろ、って探すにも、院試の頃=実に30年前笑は、ネットなんかなかったから、本屋に行かなあかんかったけど、今はクチコミやらレビューやら色々探せる。

受験生っていう響きも楽しい。若返ったみたい笑

背水の陣でやるわけではないので、とにかく勉強したい。

高校時代、高3夏に音大志望から一転して理転、独学で伝説の校内400人抜き現役ストレート合格した時の根性がまだ自分に残っているか、自分も試したいのです。(この時の受験勉強ハードすぎて15kgくらいやせた。てかその前が太りすぎてただけって話もあるw)

六法ぱらぱら見るだけでもなかなか興味深し。著作権法も読んでみよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

どうせやるなら