嘘と春

人は自分に嘘をつく
そして、嘘は、てらてらと光る

だってこの仕事好きだし
だって人の役に立ちたいし
だって喜んでもらいたいし

前向きワードの光沢は、本心を隠すのにちょうど良い塩梅。

本当にやりたいことだけでは暮らしは成立しない。
でも、本当にやりたいことを嘘で蓋していないか。

+++
自分でも気付いていない光の蓋が、ふとしたキッカケで外れた時、偽光の下の土に身を潜めていた本心がぽんと芽を出す。

もうすぐ
春ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

変化

次の記事

孤独の闇