子宮腺筋症、という病気

数年前からおつきあいさせられている
【子宮腺筋症】という病気。

この病気の特徴は
耐えがたい、激痛。
そして、治療法が無いこと。

最近ようやく新しい手術が出来てきたという話もちらほら聞くが
今のところ完治には子宮全摘しか無い。
病巣が一か所じゃないので、病巣部分だけを取るということが出来ないそうだ。

経産婦の知人に同じ病気の人がいて
彼女曰く、陣痛と同じくらいの痛み、とのこと。

且つ、陣痛は産めば治まるが、これは
酷い時は四六時中いつ来るか、いつ治まるかわからないという意味では
こっちの方が辛いという。

自分は出産経験が無いので比較できないが
この痛みを初めて経験した時
陣痛がもしこれをさらに上回る痛みなんだったら
世のお母さんたち凄すぎる、と思ったので
陣痛に匹敵するというのも何となく納得する。

===
数年前、とんでもない激痛で、その夜にあった自分主催のセッションを
飛ばしてしまったことがある。

そのとき救急でかかった病院にその後診察に行くが原因が分からず
いくつか病院を転々としたがやはり痛みの原因は不明のまま。

とりあえず、卵巣嚢腫もあるし、ということで
薬を飲み始めたのだが、それにしてもその激痛はおかしい、と。

ある日定期検査に行くと、担当の医者(若い女医さんだった)が不在で
ベテランの男の先生が診てくれたことがあり
「嚢腫が大きく無いんだったらそんなに痛いのおかしいね。
MRI撮ったの?あ、画像あるね。
・・・・ああ、これ腺筋症だね。こりゃ痛いでしょう。」

その時初めて、この病気の名前を知った。

この病気のやっかいなところは
痛みがいつ来るか分からないということと
治療法が無いので、結果
大量の痛みどめと胃薬を処方される、ということになる。

痛みどめは、痛くなる前に飲むのが基本というのもこの時知った。
(抜歯した直後に痛みどめをすぐ飲むのもこれが理由とのこと。)

ので、月のものが近くなると、警戒して
痛くなる前に痛みどめを飲んでおくのだが
毎回激痛が来るわけでもなく、調子がいい時は痛みが無い月もあるので
それが続くと、薬をつい飲み忘れてしまう。

この、なぜ調子がいいのか、も、色々TRYしてはみたが
分からないまま。

===
ここのところ痛みの無い月が続いていた一昨日の深夜。
鈍い痛みで目が覚める。

これは危険。。。やばい、と痛みどめを飲んだが時すでに遅し。
久しぶりにとんでもない痛みが急速に押し寄せてきた。

立っても座っても歩いても四つん這いになっても体を捩じっても何しても痛い。
手を突っ込んで子宮を引きずり出してしまいたくなるほどの激烈な痛み。
断末魔かというような呻きをあげてしまうが
呻かずにはいられない。

痛みで初めて吐いた。

これは本当にやばいかも、他の合併症とか卵管がねじれたりとかしてないだろうか、と
救急車を真剣に考えた。
友達に電話しようかと思ったがいかんせん午前3時半。
さすがに躊躇してしまう。

温めたら少しはマシましかもと考え、風呂に浸かってみることにした。
出来ることは何でもやる。腰まで湯が入ったところで待ちきれずざぶん。
すると、湯に浸かった瞬間、痛みがふわっと半減。

そして
強烈に体が冷えていたことに気付いた。
暑がりで寒さには強く冷え症でもなく、基礎体温が37℃くらいあるので
体が冷えるという感覚が、普段は無いのだが
風呂に浸かっていても体の芯に熱が入っていかない。

体表も、体の中も、冷え切っていた。
冷えは万病の元。。。
別の知人曰く、女性が下腹部が太りやすいのは子宮を守るためという説もあるとか。
そのまま40分ほど浸かっているとようやく体に熱が入り
薬も効いてきたのか痛みも耐えられるくらいに収まってきたので
風呂からあがり、Tシャツ、パーカー、着る毛布を着て靴下をはき
カイロを腹に当て、ぶあつい布団に潜りこむ。

・・・・暑くない。。。。
それほどに体が冷えていた、ということなのだろうか。

3時間ほど痛みと格闘し、ようやく眠れた。
目覚めてみると。
体が軽い。。。そしてあったかい。

そういえばここのところ、なんか体が軋む感じがしていた。
基礎体温も、下がっていたのかもしれない。
普段かなり薄着なので、気を付けなければ。。。

===
と、何でこんな闘病記めいたことを書いたかというと
実は同じ病気かも、という人に最近ちょいちょい遭遇するからだ。
生理痛、というくくりにしては痛すぎる。
日常生活すらままならない。
ロキソニンが効かずボルタレンに移行しているがそれももう効かない。

そういうのは、この病気の可能性が高いが
若く経験の浅い医者だと、症例を見たことが無く見逃すかも、と
主治医の先生がその時におっしゃっていた。

===
自分はもう子供を産む気はないので
子宮を取ってしまってもいいっちゃいいのだけど
何となく、女で無くなる気がして
取る気になれない。

これが死に至る病気であるならそんなことは言っていられないのだが
毎月数日の痛みで、閉経するまでなんだったら
このままにしておこうか、というのが
私と、主治医の先生との共通した意見。

今の主治医の方は
「我慢できるなら取らない方がいい。お金もかかるし体に負担もかかるし
何より体の中に、無くてもいい内臓なんて無いからね」
という主義なので、今のところ手術はしない予定。

===
薬を早めに飲むことを忘れなければ
今のところ大きく体力を削がれることもなく過ごせるので
来月からはちゃんとスケジュール表に書き込んで
飲み忘れないようにしなければ。。。

あの痛みに耐えるのだけはたまらない。

体力を削がれてしまい、数日、本当に何もできない。

余談だが、痛みをその夜相当我慢したおかげで昨日はふらふらで
研究所も休んでしまい
昨夜のセッションには行けたものの、終わった帰り、雨が降っていて
浅く細い溝に水がたまっているのに気づかず、溝に自転車の車輪を取られ
横転を回避するも傍にあったガードレールを交わしきれず衝突、転倒してしまった。
チャリでこけたのは人生初でそれもショックだが
結局は、集中力がもう限界だったということだ。

===
さて、この痛みに耐えている間
我が家のわんこはどうしているかというと
最初はとにかく心配そうに、顔をぺろぺろなめたり
おなかのあたりに座って、看病ぽいことをしてくれるのだが

やがて、自分が隠していたおやつを持ってきたり
ぬいぐるみを持ってきては、遊ぶ?遊ぼうか?と誘ってきたりする。
どうも気を紛らせようとしてくれているらしい。

で、その結果。
撃沈。
IMG_9653.jpg

かわいいやつ。

今日は痛みも治まり、通常営業。
今月、研究所、ほんと全然来れてないなあ。。。。
今夜は、SONIC LOGICの新曲も書きあげてしまわねば。

Follow me!