日常と芸術

今日はオフ。 お天気がいいので久しぶりのベランダブランチ。

自家製レモンから作ったレモンカードでホットケーキ。
ヨーグルトもジャムも自家製。手作り楽しいのだ☺️

毎日のスケジュールをしっかり決め、円グラフで時間を管理するようにして1週間が経過。

これ。非常〜に、良い。

つかなんで早くこうしなかったんだろ。今年ほんま、そう思うこと多い。

ポイントは、まず【自分のこと】【毎日のこと】を”先に”スケジュールに入れること。

まず朝のストレッチからの身支度、朝食に2時間取っている。朝ゆっくりするのは、とっても良い。気持ちいいし、贅沢な気分で1日を始められる。

(ちなみに先日Twitterで、5,000円の居酒屋より3,000円のモーニング、という投稿があってめちゃくちゃ納得した。そのうちやってみたい)

そして日々の練習ルーティンワーク1時間、昼食0.5時間、散歩と香雪の世話2時間、夕食2.5時間、風呂洗濯で1時間、就寝前の時間1時間、睡眠6時間。

トータル16時間。これをまずスケジュールに、先に入れる。

残り8時間に、仕事のタスクを振っていく。これも、一日1タスク。それ以上は入れない。

ライブや外での仕事の予定があれば、それは動かせないからそれをまず入れて、そのあと自分のことを入れ、それ以上は入れない。

早めに終われば、明日の予定を前倒ししてもいいし、遊んでもいい。

そして、週のスケジュールもしっかり決める。掃除の予定や、手作り系の時間、ロードバイク、語学。

何が良いって、その日確実に余裕もってこなせるスケジュールをしっかり決めることで、1日の達成感があり、それぞれのことに集中して過ごせる。未達の焦燥感が少ない、てか、無い。

で、オフ日を決めることで、オフ日の解放感がすごい!毎日家にいるのに!笑

昨日はタスクが思いの外早く終わり、おぉ?これもう夕方から飲めるやん!とテンション上がって、早々に酔っ払ってしまった🍷

+

若い頃、というか40までは、逆算の人生だった。何歳までにこうなりたい、あれをやりたい、だから今年はこういうことをする、なので今月はこれをやるから、今日はこれ。

この時も、やっていることは同じだ。毎日にタスクを振り、それをこなす。

ただそのやり方だと、毎日が未来への準備期間となってしまい、日々過ごすことが未来への手段になってしまう。

当然、未来は保証されたものではないから、こなしつつも本当にこれでいいのかという焦りや思うように進まなかった時の未達の焦燥感は大きい。結果的に、感じる不満の方がストレスになっていた。

+

寿命は神のみぞ知るだが、実際自分にはどれくらいの時間が遺されているんだろう。今死んでも後悔しないって、どういうことなのか。

昨秋から実に三ヶ月かかった大断捨離もようやく落ち着いた。やり始めた理由は、もし今ここで行き倒れて、残った部屋を整理してもらう段になったとき、どこ見られても恥ずかしくない家と部屋、そして恥ずかしくない服装で居たいと思ったから。

そして、毎日家で過ごすことが好きなんだったら、家にいるときこそ一番気に入った食器使って一番好きな服来て一番食いたいものを食うのが楽しいじゃないかと思ったから。

10年前は、宅配便が来ても着替えなあかんくらい部屋着ひどかったのになぁ笑 今や今すぐ呼び出されたって、衣装に着替えてちょっとメイクすればすぐライブできるよ。変われば変わるもんやな。

そう、家にいるときもメイクするようになった、そう言えば。いわゆるナチュラルメイクだけど、毎日メイクすることで肌の調子もわかるし、それこそ家だから塗り方も少し冒険できる。失敗したらすぐ顔洗えばいいし。

メイクして、さぁ、朝ごはん🥞、で、さぁて今日は、と気持ちを入れるのが毎日楽しい。もうずっとこれがいい笑

最近思う。

毎日の生活自体こそ、芸術なのでは?

そろそろトリミングせなあかん香雪はん。
ホームトリミングもだいぶ慣れてきました💇‍♀️

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

書類仕事

次の記事

椿の日