明けても暮れても

ただひたすらに、明けても暮れても
Barbra Streisandトリビュートの個人リハーサルを重ねています。

日中は家でフルトーンでがっつりと歌い
夜は細かい歌詞のチェックや、小さい声でのニュアンスづけ
歌詞を覚えたり。。。

合間にラーメンズのYoutube見て息抜きはご愛嬌(笑

ま、この1週間、Barbraの曲を日本で一番歌ってる自信ありますね!(`・ω・´)(笑

このバーブラトリビュートは今年で3回目ですが
彼女の歌に敬意を表し
全ての曲を、彼女と同じ原曲のKeyで
そして息継ぎの場所もフレーズの長さも
彼女の歌唱にならってやっています。

バーブラの凄いのは
その表現力はもちろんのこと
表現するための比類ない技術。

音程の正確さ
アーティキュレーションの豊富さ
声の表情の豊かさ
何よりも
息が物凄い長さ。です。

2006年にトロントで見た時も
それが本当に圧巻でした。

ちょっと外す、ということが一切無い!
ノンビブラートでのハイトーンを
フルトーンで伸ばしたあと
さらにビブラートかけてクレッシェンドしながら伸ばし
計20秒のロングトーンとかやる曲があるのですが
本人の歌唱聞いてても余裕しゃっくしゃく。

ロングトーン、1曲で一カ所じゃないしね。ほぼ全編。。。
【A Piece of Sky / Barbra Streisand】

歌でロングトーン練習したい人は
バーブラコピーしたらいいと思いますよ、ほんとに。

~~~
毎年、やればやるほど
この人がどれだけ凄い歌い手なのか、実感することだらけ。

しかし今回は、面白いことを発見しました。
いつも座って弾いて歌っているせいで
立って丸腰で歌うより
座って弾きながら歌う方が全然息が続く、、、

普通反対ですけどね。。。

それに気付いたおかげで、立って歌う時の息の吸い方とか
色々気付きました。

が、普段座って弾いて歌っている自分ならではの方法なので
レッスンとかでは役に立たないかな。。。

さあ、いよいよ迫ってきました。木曜日に。
私のライフワーク。
ほぼ全編バラード。
Barbraの歌を知らなくても、楽しめます。
あなただけのために歌います。
ぜひ。

★4/24(木)
奥本めぐみSings Barbra Streisand
Act III〜Hello, Gorgeous!!〜
@梅田ロイヤルホース
19:30より2ステージ
奥本めぐみVo
伊藤志宏Pf
原満章Bs
梶原大志郎Dr/Perc
140424 Barbra Tribute Act3フライヤー表1MB.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

敷居とハードル

次の記事

突然なんで