書き続ける理由

ネットの投稿系サイトで、ブログの冒頭を書いて読者を募り、集まったら書く、みたいなものがあることを知った。

文にはもちろん、そういう書き方もある。人の興味を惹くことに主軸が置かれた文章。

ただ、そのサービスを知ったとき、人の承認欲求はどこまで行くのかと気が遠くなる思いがした。

読みたい人がいなければ書かないようなものは、表現ではない。スーパーの安売りPOPだ。

+

誰も興味を持ってくれないことでも、少なくともそのことに興味を持っている人がいる。

自分だ。

評価がなければ信じられない程度の自分だから、他人しか信じられないで時間を浪費する。自分を信じることは、自分しか出来ない。

こう表現したい

よくわからないけど、何か表したい。

誰に対して書きたいとか

誰に響いて欲しいとか

基準は他者のためではなく、自分のため。

それが表現だ。

その表現が

多くの人の興味を惹くようなものならば流行るし売れる

数人には突き刺さるが売れない

誰にも刺さらない

それは表現した先に起こった”評価”であって、評価は生んだ先に発生する。

書く、作る理由が評価なのであれば、評価の上がることをひたすら追求すればいい。ただ、その理由が満たされない限り、自分を納得させることは出来ない。10人に認められれば100人に認められたくなり、100人に認められれば千人、以下同文。

その先に満足は決して存在しない。

+

なんでブログを書き続けるんですか、と聞かれた。よく聞かれる質問でもある。

理由はない。

書きたいから。

書く理由ではなく

書くことが理由。

ただ、それだけだ。

久しぶりに新しい花木を迎えた。
銀木犀。優しい香り

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

すだち

次の記事

構造解析新着!!