木曜日は

スペイン語🇪🇸今日は自習。レッスンは月末。

文章で書く宿題が増えてきたので、途端に単語がたくさん必要になってくる。

今の宿題が、ニュースについて、なので知らない単語がいっぱい。

”出来事”っていう単語だけでもacontecimiento とかsucedidoとか、まだその辺の使い分けがよくわからない。

で、宿題の質問(テキストも全部スペイン語なので、最初の頃はまず何を聞かれているかさっぱりわからなかったw)に

aproximadamente

っていうめっちゃ長い単語が出てきて、どういう意味かなと思って調べたら

「約」

…いやそこはもっと短い単語でええやろ…笑

例文
ここから空港まで約1時間かかる

De aquí(ここから)
al aeropuerto(空港まで)
se tarda (かかる)
aproximadamente(約)
una hora(1時間)

『aproximadamente』の幅よ、幅。

スペイン語ってびっくりするくらい長い単語が結構たくさんあって、英語に慣れてるとその長さに面食らう。

最初はどこで切れるのか全然わからず、単語引くのも一苦労だったが、長い単語もちょっと見慣れてきたかなあ。

今回の宿題は時事問題を今年、今月、今週、今日について書かないといけなかったので、今日のニュースには「厚労省の送別会職員さんがコロナかかった」っていうアレな最新ニュースをスペイン語で書いてみた。

Hoy tres empleados de Ministerio de Salud, Trabajo y Bienestar Social que participaron en la fiesta de despedida se han contagiado de coronavirus.

さ、昼から練習して夜はホテル演奏。今日はちょっと忙し目。

書くとやっぱり覚えるなあ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

不確かさ

次の記事

畑計画