背もたれのある木の椅子を作ろうと思うと、生まれてくるのは背もたれのある木の椅子。
当たり前だ。それを作ろうとしてるんだから。

枠を決めると、枠の中、良くて枠からはみ出る程度のものしか作れない。
そうではなく、生まれてくるもの。
目の前にいい感じの木があって、何か触っているうちに椅子が出来るような。
そういう風に、作りたい。
結果の逆算ではなく。
過程の積算で。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

朝からレッスン

次の記事

満充電