発散と達成

一昨日。

気持ちが落ちているのを心配してくれた夫が、何かぱあっと発散できるようなことしてみたら?予定をあんまり気にしないで、どっか行くとか、なんなら朝から飲むとか?w と言ってくれて、ふと思った。

発散、て、なんだろう。

何をして、どうなったら”発散”になるんだろう。

発散、とは、何か。

+

自分は仕事や家のこと、スケジュールでも何でもそうだが、整理された状態を好む性格。なので、なんとなく雑多に頭にあるだけ、みたいな可視化してない状態のものが溜まってたり、ものが散らかってごちゃごちゃしていたりすることが逆に大きなストレスになる。

それを今回つくづく実感した。こういうのはほんと、人の性格に依る。

このところ、遅起きになっていたせいで小さなタスクが溜まり、心太式に後ろへ押し出されて、思うように捗らない状態が続いていたので、早起きをきっかけに、タスクを振り直し、さらに一日の時間割を決めて昨日今日とやってみた。

昨日の終わり。

予定はたくさんあったのに、余裕を持ったスケジューリングが功を奏し、なんならまぁまぁ時間が余って、漫画なんて読む時間ができた。

そして今日も。タスク全て完了。ゆったり。

すっきり。

気持ちも。

なるほど。こんなことだったのか。。

+

“悩みごと”の類のものは、だいたいは物理で解決する。気持ちの持ち方を変えるとか気にしないようにするとか、そういう精神論では物事は解決しない。

ので、何が原因なのかを探るのがいつもの手段(分析体質w)だが、思ったよりもずっと簡単だった。要は、1日のタスクの割り方が悪かった。

昼仕事をしてた時や、スケジュールが混んでいる時は、確定しているスケジュールの合間にタスクを挟み込むので、自動的に限られた時間を有効に使えている。

が、この1年のように時間だけはたっぷりあるとなると、基準にする固定の予定がなくなって、つまり夏休みの子供みたいなことになってたってことか。

一時的に予定がなくなった、とかなら8/31に宿題全部やる方式でもいいが、これだけ続くともう元に戻らないことを前提に、それこそ”新しい様式”を自分で構築する時なのだな。

広い空間にものを置いとくのではなく、この予定はこの引き出し、これはあっち、と家を片付けるように予定を配置し、休み時間をも見える化する。

そうすることで余裕ができるし、香雪ともゆっくり遊べるし、漫画も読めちゃう。

スケジュールを決め、管理することで、その時間のタスクに自分を集中させられるし、自分に余裕を作る。

そして何より、立てた予定をこなせた、という【達成感】

+

発散、って、この達成感こそが、発散なのでは?

未達事項が溜まったままでは、例え一日遊んだとて後ろに課題を引き伸ばしただけで根本的な解決にはならない。

それより、日々の達成感を作ること。

小さなことでも、出来た、という達成感の積み重ね。それが明日はもうちょっとだけ良くしよう、っていう気持ちにもつながる。

+

しかし今回はちょっと危なかったなと思う。自分でも、これはまずいな、、、ってちょっと思った。

人の心なんて、簡単に壊れてしまう。

だから、小さな悩みごとだと言って、看過するのは、あまり、よくない。

2月1日。今日はホテル仕事。

ここんとこ、基礎練の成果が少し出てきて楽しい。

確かクリスマスだけだったような、ここのイルミネーション。冬中やってたっけ?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

昼夜逆転

次の記事

円グラフ