神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト

毎年5月に開催されている、神戸ジャズボーカルクイーンコンテスト、というのがありまして、今年で12回目。
過去には溝口恵美子さんや、たなかりかさんも出場されています。
実は今年、これに応募しておりまして
このコンテストの過去最高応募数133名、という予選(音源・書類・写真)を通過して
本選出場者10名に選出され、5月の本選に出場することが決定いたしました!![ぴかぴか(新しい)]
公式サイトにも掲載されております☆

本選で優勝したら、神戸の姉妹都市シアトルにあるJazz Alleyでライブです[るんるん]
ジャズの世界に新風を吹き込むべく、頑張ってきます☆
今Jazz Alleyのサイトを見たら、大好きなアーティストが沢山出演しています。Rachelle Ferrell、Milton Nascimento、Maceo Parker。。。ああ、ここで歌いたい。
シアトルに必ず行きます。もうスケジュール帳に、シアトルでライブって書いちゃったもんね(笑)

===
生まれ育った神戸で地震に遭い、親友を亡くし
仕事の都合で、まだ瓦礫のままの神戸を止むなく離れることになり
そのことが大きな転機となって、
高校時代に諦めた音楽の道を、もう一度、歌、という形で志し
これまで歌い続けてきました。

そして今年。
このコンテストに応募する、という意思は固めていて
応募用の写真と音源を用意する、正にその時。
応募の為の写真を撮ったのは、3/11、午前11時から。
全ての写真を撮り終えたその瞬間
東日本大震災が起こりました。

写真家の人と、
「これ、集中しすぎた目眩じゃないよね?揺れてるよね?
どこか遠くで大きな地震があったんじゃないの?」と
ワンセグで地震情報を見ながら、あまりの事態に言葉を失い
その足で、夕方フェリーの仕事で九州へ行き
帰って来たその日に、応募用の音源を録音しました。

音を録り終えた時
ああ、今回、やはり、応募して
まずは予選を通って、神戸で歌おう。
そして、姉妹都市のシアトルへ行って歌おう。
今だからこそ、神戸で歌えるものがある。
そう思いました。

このタイミングで、神戸に帰って歌う、ということに
大きな意義と感慨を感じています。
本選当日は
過去から脈々と続く音楽を
そして自分の、過去への想い、今への想い
そして未来への想いと夢を
歌いたいと思います。

本選は5/15(日)15時〜、神戸朝日ホールにてあります。
チケットも各種プレイガイドで買えますので
良かったら応援よろしくお願いいたします!

[るんるん]第12回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト
■日時■
2011年5月15日(日)
14時30分開場
15時開演
■会場■
神戸朝日ホール
三宮駅より徒歩7分・元町より徒歩5分
〒 650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
TEL:078(331)6361
■入場料■
3,000円(全席指定)
チケットぴあ、神戸朝日ホールにて販売。
■審査委員長■
服部克久(作・編曲家)
■特別審査員■
小曽根 実(ジャズピアニスト、神戸ジャズ CITY委員会 委員長)
■審査員■
黒岩静枝(ジャズヴォーカリスト)
道上洋三 (ABC朝日放送エグゼクティヴ・アナウンサー)
西谷 尚雄(新開地ミュージックストリート実行委員会 委員長)
■演奏バンド■
高岡正人ピアノトリオ
安次嶺悟ピアノトリオ
■特別ゲスト■
ギラ・ジルカ(第11回グランプリ受賞)
■主催■
新開地ミュージックストリート実行委員会
■共催■
朝日新聞、神戸朝日ホール
■後援■
神戸市、兵庫県、朝日放送、NHK神戸放送局、FM OSAKA、関西アメリカン・センター、
財団法人 神戸国際観光コンベンション協会、財団法人 神戸市民文化振興財団、
神戸ジャズCITY委員会、 神戸ジャズストリート実行委員会、 神戸商工会議所、神戸新聞社、
神戸とニューオーリンズのジャズ交流実行委員会、甲陽音楽学院、
JAJE日本学校ジャズ教育協会関西本部、
■協力■
神戸アートビレッジセンター、神戸市シアトル事務所、
新開地周辺地区まちづくり協議会、新開地まちづくり NPO、京阪神間各ライブハウス
■協賛■
ANAクラウンプラザホテル神戸
オリバーソース株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ヤマハミュージック大阪 神戸店
■お問い合わせ先■
神戸市市民参画推進局文化交流部
「新開地 第12回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト係」
TEL 078-322-6598
めぐみアーティスト写真1MB.jpg

Follow me!

前の記事

夜景とバランス