私にとって音楽とは

昨日、ヒーテレ=heat elementsミナミホイール初参戦、無事終了しました! [ぴかぴか(新しい)]
なななんと!!大盛況!!!!! [わーい(嬉しい顔)]
正直ミナホは、ヒーテレにとってはどちらかというと、というか、かなりアウェイ気味(笑)
いわゆる、ライブハウスで対バンして、イベント出まくって、っていう形でやってきたバンドじゃないし、あまたある強者バンドさんに比べたら知名度も全然低いし、ライブの本数も少ない。
そんな中で、ミナホへの出場は、特に私にとっては、”挑戦”でした。
先週、FM802で曲を流していただいたけど、ピックアップされたのが”The Word of Heart” 唯一の英語の曲(笑)
わざわざその曲をピックアップされた辺りから、コトバにするのは難しいですが、手応えを感じていてはいました。でも、実際、どれくらいの人が来てくださるか分からない。。。幕が開くまで本当に不安だった。
===
ぱーっと幕が開いて、会場に沢山のお客さんが入ってくださってるのを見たあの感動。。。
1音、一言、歌い進むに連れて、お客さんの顔はどんどんキラキラとして、こちらに身を乗り出して、うわーーーっっ[ハートたち(複数ハート)]ていうような表情も沢山あって。。。
ラジオを聞いて来てくださった人も、かなりいらっしゃった。あの1曲で来て下さるなんて。。。。!ミナホのホームページの試聴を聞いて、これは絶対いかな!と思って来た、という方もいらっしゃいました。
嬉しいことです。。。。[もうやだ~(悲しい顔)]
曲が終わらない間に起こる拍手、最後の曲はバラードだったけど、わーーーっと沸き上がるような拍手に、ああ、伝わってる!!届いてるんだ!という手応えをはっきりと感じました。
アルバムもいっぱい売れました! ほんま嬉しかった!!! [グッド(上向き矢印)]
===
で、今日。
CDを買って頂いた方が、私のブログに早速コメントを下さった。
「ミナミホイール、ものすごく感動しました!
唄を聴いて、久々に魂を揺さぶられたというか
直球で入ってきて、鳥肌が立ちました♪
あの後、ミナホでいろんなLiveを観ましたが、
奥本さんの唄のあとは何も入ってこなかったですね(笑)」
[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
本当にありがとうございます。
そして、やっと、この言葉から、とっても大切なことが、やっと、今更ながら、分かったんです。
===
根源的なことである「何で音楽をやってるのか。私にとって音楽とは何か。」
私にとって音楽とは【感動】
音楽で、【感動】して欲しいのです。
音楽で、自分自身も、【感動】したいのです。
つまり、聴いただけで、歌詞なんかいちいち見なくても、言葉なんか、理屈なんか分からなくても、【感動する音楽】を、創りたいのです。
心が震える、魂が呼び起こされる、それは、ある領域に達したものなら、映画、料理、スポーツ、何でもそうだけど、そこに「芸術」があり「本物」が有る時に、感動すると思うのです。
魂を揺さぶられる、震えるような感動。
理屈抜きで、いきなり鳥肌が来るような感動。
訳も無く涙が出るような、あの感動。
人々に、感動してもらうには、こちらが本物になり、本物を提供していくしか無い。はりぼてではない、真髄からの音楽。
だから日々、こうして、生きて、揉まれて、悩んで、その中で、音を創りだしていくんだと思う。
===
ここまで来れたのも、ひとえにずうっと応援してくださってる皆さんのおかげ。
聴いてくださる方がいなければ、音楽は、成立しません。
これからも、聞いてくださった方の魂が震えるようなものを届けられるように、頑張ります。
どうぞ応援よろしくお願いいたします!!!

Follow me!

前の記事

新境地

次の記事

次の寄港地へ