美学

数ヶ月前、家で友人と飲んでいたときのこと。
比較的片付いた。。。というか、人によっては生活感ゼロ、という人もいますが(笑)そんな私の部屋を見て、その友人が、こんなことを言いました。
「この部屋は。。。。楽しいことを知ってる人の部屋やね。」
そのあと、家に置いているものを選ぶ基準の話になったとき、さらにその友人は
「そやね、自分の美学に反するものは置きたくないよな」
美学、という言葉をさらっと使ったこの友人は、着るもの一つとっても、その人独特の美学のある人で
そういう人は、やはりそういうことを意識しているのだな、と教えてもらった瞬間でした。
。。。
【美学】
粋、とか、侘び寂び、といった、日本古来の感覚にも通じるこの言葉。
今回もNYCで沢山の人に出会いましたが
その中でも特に惹かれたのは、その人自身の”美学”のある人。
生き方であったり、スタイルであったり、考え方であったり。
奥行きのある人は、発言にも、行動にも、染みだすような深みがあって
NYCに長く住んでいても、日本の良さを、決して忘れてはいない。
そして、NYCの良さも、知っている。
。。。
日本へ帰ってきて、楽天の野村監督の引退を知り、監督が最後に言った言葉の中に、こんなのがありました。
「人間は何を残すかで評価が決まる。人を残すのが一番。」
。。。
【子孫を残すよりも、思想を残したい。】
ずっと思ってきたことですが
これに加えて
NYCから帰ってきて
生きるっていうことについて
私なりの美学を貫きたい、っていうことに気付きました。
===
美学と言い切る以上、常に己の四面に鏡がある。
映った己の正面・側面
そして、背中は
いつも、美しくあるか。
3291669

Follow me!