花の名前

昨夜は、京都伏見・Silver Moonでの弾き語り。
新曲を2曲、書いていきました。
今年はたくさん、曲を描きたい。

~~~
書いていったうち1曲は、あるモチーフが浮かんで、半分くらいは書けたけど
1年くらい、そのままにしていた曲。
中身は、鎮魂歌。

明るく、優しい、
窓越しの冬の日だまりのような曲にしたかった。
そして発表するのは、冬
もしくは、春前くらいにしたかった。

年明けに、亡くなった親友のお母さんから来たメールにあった言葉が
一気に形作らせてくれました。
早く亡くなってしまった友人だけど
彼女は、今でも、私に何かを創りだす力を、与えてくれる。
そういう意味では、彼女はやっぱり、生きてるんだよな。。。

ようやく、思っていたように書けた1曲。
好評だった。よかった。。。♪

昨日はピアノとも、何だか仲良しで
1st、2ndセットとも、1時間越えてしまった(^^;)
久々にソロピアノも1曲演奏。

~~~
3カ月ぶりの銀月に行くと
ピアノの上に、マンボ松本くんの写真が飾られていました。
前は無かったのに。
・・・・聞きにきやがったかな、あいつも(笑)
「おーいぇい、めぐちゃーーーん、らいどぉ~~ん(ride on)!」
今も聞こえてきそうです。

~~~
【花の名前】
私が花に還る時は 覚えていてほしい
百合の花で編んだ小舟で あの岸まで送って

愛し愛された人たちが 悲しまないように
百合の花の香り 残してゆくから

凛と立つ背中に咲く あの甘やかな香りを
思いだしたら 私はそばにいるよ

名前も持たず生まれ落ちて 名も無い花に還る
虹色に咲く花を 風の中に残して

それでも私にどうしても 会いたくなったなら
百合の花を一輪 この空にかざして

小さく揺らしてみてごらん 私はそこに居る
ゆっくりと息を吸って 私を感じて

この目に見えないものは 不安になるけれど
大丈夫 いつでも 私はそばに居るよ

あなたが私をいつまでも 覚えててくれたら
私もずっとあなたの そばで笑ってるから

泣き叫ぶ心の声は ちゃんと届いてるよ
ねえ お願い 泣かないで
もう一度笑ってみて

名前も持たず生まれ落ちて 私が残したのは
あなたと同じ時を あなたと過ごしたこと
消えない 花の名前

===
来て下さった皆様、ありがとう!
◆2/11(月・祝) 奥本めぐみ Solo@京都伏見 Silver Moon
<1st>
New York State of Mind / Billy Joel
Fever
Tomorrow Never Knows / Mr.Children
★どうして
★星降る森
★つばめ
★Everyday
<2nd>
Tell me a Bedtime Story / Herbie Hancock
★恋(新曲)
★花の名前(新曲)
★Love Stories
His eye is on the Sparrow
★白い坂のある街
<Encole>
★銀の月の下で
※ ★はオリジナル
529389_531916400164361_365854567_n.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です