豚ネギピリ辛塩焼そば

proxy.jpg
・・・宴会で出せるような新メニューを思いつくと、だいたい続けて3回ほど作ります。
今回は塩焼そばシリーズ。
これ最強(* ̄▽ ̄*)v
宴会の締めにも、普段のお昼や晩御飯、そして冷えても美味なので
余ったらお弁当にも。

===
<材料と下処理>
●豚(細切れとか安いものでOK)
2~3cm幅に切り
→紹興酒で揉む
→塩コショウで揉む
→ネギの細切れで揉む(ここ大事)
●白ネギ
2cm幅くらいの斜め切り
●生姜
1カケを細めの千切りに
●鶏ガラスープ
大さじ1~2+水100ccに溶いておく。
●食べるラー油

<つくりかた>
①フライパンにごま油を熱し、生姜の千切りを入れて香りを出す。
②豚を投入(揉んだネギごと)。
軽く塩胡椒。
③八割くらい火が通ったらネギ投入。
④ネギの表面が少し透明くらいで中華そば投入。
⑤鶏ガラスープを回し入れて
そばを蒸し焼きにしつつ一気にほぐす。
※鶏ガラスープ作るのが面倒な場合は
ガラスープの元を大さじ1~2ほどそばの上からふりかけたあと
水を100ccくらい入れるんでもOK。
市販の液体鶏ガラスープを使用する場合は味を見つつ。
ちょっと濃い目くらいの方が美味。
(濃い目で作ると弁当でもOK)
⑥水分を飛ばしながら、フライパンを回して中火で炒める。
⑦ネギで味を見る。
塩コショウで調味。
⑧食べるラー油を小さじ1~2ほど入れて、全体に絡める。(これ大事)
辛いのが好きな人は多め。
⑨器に盛ってさあ召し上がれ♪
※同じ味付けと手順で
豚の他は、海鮮とかでも美味。
えびとイカのミックス海鮮の、冷凍のものとか。

☆こちら海鮮バージョン。
proxy (1).jpg

<材料>
海鮮ミックス(冷凍):豚と同じ下処理。
しめじ、白菜、白ネギ

※ちなみに、しめじは
炒め方に大変重要なコツがあります!
きのこ類は全部同じ。
炒めものにきのこを入れる場合は、
先にきのこを炒めます。

炒め始めたら水気が出てきますが
この水気にキノコの旨みが含まれていますので
水気が飛んで、旨みがもう一度キノコの表面に戻るまで
しっかり炒めます。水気がある状態で次の材料を入れると
キノコの臭みとえぐみばっかりになってしまいます。
水気が無くなってから、塩コショウ。
その後、野菜や肉魚類を投入。

===
しかしこういうジャンク茶色いご飯は
安い材料で作るのが至極と思われます。
家の宴会ではこういうのが実際
わいわい食べられて美味しいよなー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です