遠きに行くは必ず

近きよりす。

というわけで長い間見ないふりしてたシリーズの最後の砦。日々のルーティン=練習メニューの確立。

多忙という言い訳に隠れながら、どこか諦めながらやってたなぁ。と思う。やらなきゃと思いながら、面倒になってたり。言い訳の嵐。

ピアノ、歌、弾き語り、フラメンコ、と単純に4つあるのも、言い訳を助長して。

まずはピアノ、歌についてそれぞれのメニューを作ろうとするけど、まぁ分からない。どれからやればいいのか。やること多すぎて笑

でも、表題。遠きに行くは必ず。

今更感もある。でも、今やらなかったら、ずっとこのまま。

ハノンを引っ張り出して、1番から弾きながら、あ!と、ひとつ思いあたる、前から気になっていた教則本を検索する。絶版になってるらしく、前に探した時は無かったのだけど、たまたま1つだけ古本の在庫があるところを発見。即ぽち。

今年のうちに、ベーシックなルーティンのメニューを作れるとええな。今はまだカスタマイズの段階。あー誰かと練習の話したい。笑

ずーっと横で基礎練聞いて寝てる香雪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

シューフィッティング

次の記事

基礎練ルーティン