銀の月の下に

昨夜は、久しぶりに古巣・京都伏見シルバームーンの
弾語りソロライブでした。

京都に電車で行くこと自体久しぶりだったのですが、
桃山御陵駅を降りて、大手筋を下っていくと
懐かしい風景。。。。

京阪の線路沿いの、良く行った居酒屋【櫻】
踏切を渡ってアーケードを入ると
右手に露天で野菜を売っていて
しばらく行くと左手に、これまた古い仲間がやっているお好み焼き【ごん平】
屋台のおやつ村。。。。

商店街のお店も少し変わっていたけど
いつも行っていたお店は、まだどこもそのまま。
この街で暮らしてたんだよなあ、、、、と
淡い感傷に浸りながら
シルバームーンの木の扉を開けると
マスターのコウキがカウンターに。

「おはよー」
「おはようございます!」
何度この挨拶を、今まで交わしたことだろう。
一気に時間が、京都時代に戻りました。
262147_490372570985411_443739884_n.jpg

軽くリハーサルをして、
ここでライブする時は必ず行く饂飩屋、【饂の神】へ。
切り盛りするユウスケくんも、弟くんも
お父さんもお母さんも健在。

そして、ライブ。
京都の紅葉の時期、となると、やはり日本語でバラードが歌いたくなるので
昨日は日本語バラード特集。
いい歌いっぱいあります。
弾き語りでこそ、やりたい歌が。

そして昨日は、
伏見の古~いアホ仲間が
銀月の下に再び勢揃いしてくれました…(T_T)

やまちゃん、坂田くん、中西っさん、けんけん
ゆーき、さかもっちゃん、のりちゃんとお母さん…
私の一番最初の弟子っこや、京都時代の弟子たち。

大阪の弟子っこたちも来てくれたり
高槻JK Cafeによく見に来てくれていたお客さんも。
懐かしいお客さんと、新しいお客さんに囲まれて
緩やかに、柔らかく、時間は流れていきました。
何年かぶりのこの店でのライブは、
1曲目は、このお店で初めて歌った歌を。
そして最後は、このお店のことを歌ったオリジナルを。

+++
今も会える人
会えなくなった人
同じ場所に いつか帰るから
せめてひととき
今夜だけでも
少し泣いて
少し笑おう
(銀の月の下で)

+++
この数年の間に、
本当に、会えなくなった人も。。。
時の流れを、つくづくと感じた
夜でした。
480589_308154865966071_29273256_n.jpg

そして終わってからは、アホ仲間と久しぶりのバカ話。
みんなで野球チーム作って、練習したり、佐川球場で試合したり
懐かしい話や伝説的なアホ話がたくさん飛び出し
呼吸困難になるほど笑いました。
久々のこのノリ。。。。
笑いすぎのしゃべりすぎで、朝起きたら、声ガッラガラ(^^;)
終電で帰らなければならなかったのが、本当に後ろ髪を引かれた。

~~~
やっぱり、やっぱりこの街は、第二の故郷やなぁ。。
色々あり過ぎて、京都を離れてから戻れずにいたけど
13年住んだ理由が今日になって改めて分かった気がします。
時が経ってもこうしてまた、変わらず迎えてくれる、最高の仲間たち。
このお店も、もう8年。
ずっとそこに有ってくれる場所のありがたさ。

コウキ、ほんまありがとう。
皆さん、ほんとにありがとございました。
これからは、ちょくちょく帰ります。とりあえず2月!
次は朝まで居るから!(笑)
◆11/18(日)奥本めぐみSolo @伏見 Silver Moon
<1st>
New York State of Mind / Billy Joel
Overjoyed / Stevie Wonder
One more time, One more chance / 山崎まさよし
都会の空 / 高橋真梨子
月の舟 / 池田聡
つばめ / オリジナル
星降る森 / オリジナル
Cheek to Cheek
<2nd>
On the Sunny side of the Street
逢いたいから / 古内東子
いっそセレナーデ / 井上陽水
Baltimore Oriole
Lately / Stevie Wonder
I Wish / Stevie Wonder
白い坂のある街 / オリジナル
<Encole>
The Rose / Bette Midler
銀の月の下で / オリジナル

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ぶらり淡路旅