飛び越える

ピアノの練習。

月の光を先日、先生にOK頂いて、次から別れの曲/ショパン。

今日は初見でもしようかと別れの曲の練習後、そのままショパン曲集をパラパラとめくり昔少しだけ弾けた幻想即興曲やら革命やらを譜読み。

めくっていると、小犬のワルツにたどり着く。

高校の頃、左手のワルツパターンが苦手で全然弾けなかった曲。

これ弾けないんだよなぁ、、、と、譜読みを始めたら

あれっ?

あれれっ??

多少止まりながらだが、最後まで両手で弾けてしまった。

+

この半年以上ほぼ毎日練習して、特に春からはクラシックを習い始めて、自分でも結構上手くなってきたなぁと思っていたけど

昔まったく弾けなかった曲が、初見でまぁまぁアーティキュレーションもつけながら弾けるようになってることに我ながら驚く。

+

何歳になっても、トライすれば、ゆっくりであっても必ず成長できる。年齢の分、無駄を出来るだけ省いて理にかなった練習をしたいと思う気持ちも早道を助けてると思う。いっぱいただ練習したって、成長はしない。

年齢は、体で感じることよりも、気持ちで感じることの方が多いように思う。

やりたいことを気持ちで飛び越えた時、そこに必ず、成長はある。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮮度

次の記事