レスポンス

久方ぶりの2連休、やっと晴れて朝から洗濯三昧。休みも仕事のうち。休みだからと言って”空いて”はいない。体と頭を休め、気持ちを整えるという超重要な仕事中。

“体力”で検索される程度に(笑)人よりは体力ある方なのは自覚しているが、経験を積めば積むほどオフの重要性がよく分かる。人の脳も起きている間に入れた情報を、寝ている間に整理して記憶は定着するし、練習しているその瞬間は決してうまくはならず、練習を離れて忘れている間に体が整理して上達する。

昨夜、早めに風呂に入って湯船に浸かっていると、色んなアイデアがぽろぽろ涌いてくる。大量のメールをするのはだいたい風呂上がり。思いついたアイデアをあちこちに放つ。放ってまた忘れる。素早くレスポンスが返ってきたものだけを拾う。

レスポンスが悪いことにいちいち再度お問い合わせをしてお伺いを立ててまでやるほど人生は長くも暇でもない。レスポンス悪いってことは興味ないか、まぁやってもいいけど後で返事しよ、とか、あーあれね、程度のもの。そんなのが上手く行くはずはない。おー!やろやろ!いつやる?いつなら空いてまっせ!みたいなのが結局長く続く。何よりの証拠に9年やってるheat elementsは、全員が未だにそういう反応のメンバーだ。一日中ケ-タイに張り付いとるんとちゃうかというほど全員レスポンスが早い。だから続けられる。

横浜へ腰を据えて半年が経過しようとしているが、まずは我がの暮らしを整え定着させるのが最優先だった。電車にぽろっと乗ってみたり、同じとこ行くのに違う路線乗ってみたり、そこらをふらふら歩いてみたり、人と飲みに行ったり。関西とはまるで違う空気。大阪の夏はクマゼミのソウルぶっちぎりシャウトで目覚めさせられるが笑、こちらはミンミンゼミのしゅっとした文字通りの蝉時雨しゅわしゅわ爽やかな目覚め。この違いはもはや西と東の人間性の形成の違いにすら関係してるのではないかとさえ。

そんな些細なことがやっと暮らしの中に落ち着いてきて、8月入ったあたりから色々動かす気になってきて、先のheat elementsしかり、Quintetしかり。どちらも年内にライブが決まっている。

そして。こちら関東でひとつ、新しいプロジェクトを稼働させる。まずは核になるメンバーと最初の打合せの日程を決めた。この人もおそろしく反応の早いお方。速さが同じ、という感じがする。灼熱方面。速さと体力。音楽業で演奏の次に、いや何なら演奏以上に(笑)最も大事なこと。

こうやって物事を動かしている時が、一番楽しいかもしれない。

で、今朝。

夜に放ったメールの返事が朝までに美しく打ち揃うという、レスポンス早い人々ばかりの素晴らしい返答が見事に合致したところで、今年やれなかったバーブラストライサンド・トリビュートが来年決まった。なんと第5回!!
 
このマニアックなトリビュートが5回めですよ。しかも毎回、満員。
 
第5回は、禁断の。。
 
ピアノはわたくし自ら弾いて歌う形式。わぉ。ついに。
 
フラメンコとか何やらとか色々やって、やはりバーブラを勉強してやってきたことは、すべての基本になっていることをつくづく痛感する。ので、第5回記念で、ついにチャレンジです。激ムズです。難易度は、種類は違うと言えどヒーテレと同等それ以上(何度も言うがヒーテレの難易度は異常です笑) それだからこそ、今こそ挑戦してみたい。
 
そしてメンバーは、この企画を初回からずうっと支えてくれている、原満章さんBs、梶原大志郎くんDrの黄金リズムセクション。本来100人レベルのオケでやってる曲をこんな少人数でやろうってな無謀企画に、ほんと丁寧な仕事をしてくださる。感謝しかない。 

日時は、来年
4/30
 
日曜日です!!ゴールデンウイークに突入しておりますが、ぜひ今から予定して頂きたい。趣向凝らしまくりです。例のプログラムももちろん作ります。
 
はー。。
 
ヒーテレ、クインテット、そしてようやくこのバーブラ企画が決まって、何だかやっと腰が据わった感じ。あとは極悪ですが、それは来年ね。
 
というわけで、これまでのバーブラトリビュートのフライヤー達を。どれも超お気に入り。 

◆2017.4.30(日)

Barbra Streisand Tribute Act.V

〜Who sings for songbird?〜

@大阪梅田・Royal Horse

奥本めぐみ Vocal/Piano

原満章 Bass

梶原大志郎 Drums&Percussions 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です