The Mustard Seeds×Super Mars Session コラボライブ、無事終了!

昨夜、わたくしのVocal Workshopの弟子っこたちのクワイヤ【The Mustard Seeds】と
わたくし主宰のセッション【Super Mars Session】のコラボレーションライブ
心斎橋ヒルズパン工場
110名を超えるお客様にお越し頂き、盛況にて無事終了致しました。
沢山の方におこし頂き、また沢山の方のご支援と応援を頂き
感謝に堪えません。


高槻ジャズストリート〜夏のコンサート〜冬のゴスペル
の3つが、このクワイヤの主な行事となっておりますが
今年はジャズストリート前にアクシデントがあり
コンサートの内容も当初の予定から変更になったりして
弟子っこたちはかなりそれぞれに思い悩んだかと思います。

が、結果として、Super Marsセッションとのコラボは
とてもいい結果になったと思います。
セッション側の参加者の方も、本当によく頑張ってくださいました。
来年からも、この形でやりたいと思っております。


やれCDが売れないとか、配信が何だとか
音楽業界を取り巻く環境は厳しい状態にあるのでしょう
というか実際あります。

でも自分は、環境がどうなっても
ただ、人の手で、人が時間をかけて金もかけて
苦心して、ひーひー言いながら創りあげた、人の息吹が聞こえるものを
地味に地道に、ひとつずつ創っていくことをただやりたいだけで
それがしたくてやっているし
それ以外のものは別にやりたくないし

それが結果として受け入れられず、自分が売れなかったら
自分は時代に合わなかったというただそれだけのこと、っていうか
或いは時代が合っていたとしても
ほんなら売れるんかというとそうじゃないし
それが何程のことなんだろうと思っています。

自分が生きる為の術なら、なんぼでもあるのです。
しかし音楽だけは、自分がやりたいことからは
ただの一歩どころか半歩も譲りたくないのです。

しかし実際毎年、今回で4年目となる弟子っこたちのコンサートに
毎回100名以上の方が足を運んで下さっている事を思うと
自分のこういったやり方も、あながち間違いではないのかなーとか
暑いとほんま何書くかわからんからこの辺でやめときます。

何が言いたいかというと
くっそ暑い灼熱地獄の炎天下の下

天神祭の花火も蹴り
ミスターチルドレン@長居も蹴り
湘南の風@城ホールも蹴って来てくださった皆さんと
サポートバンドの皆さんと
出演者の皆さんと
毎年半年以上前から会場を空けてくださる
ヒルズパン工場の皆様に、厚く熱く暑く感謝を申し上げたい
ただそれだけです。

ほんまにありがとうございました。
今宵も良い夜を。
f11a2051.jpg

Follow me!