2012年、こんなことがありました~音楽編~

今年も残すところあと3日。
今年は、音楽的には大きなことが多い1年でした。

◆OBATALA SEGUNDO!◆
今年何と行っても特筆すべきは
中路英明OBATALA SEGUNDOとの、2回の共演。。。。
ブログに何度もいきさつを書いていますが
オバタラは、かれこれ10年以上、
第1期からずうっとファンだった、日本屈指のラテンジャズバンド。
その音楽性の高さに大きく刺激を受けて
こういう音が出せるようになりたい!と
自分がプロになることを、決心させてくれたバンドでもあります。

そのCDは、曲順に歌えるほど聞き
ソロもほとんど覚えているような愛聴版。

そんなバンドに、ふとした縁がつながって
ボーカリストとしては初めて参戦させてもらうことに。。。。
この日の感激はきっと、生涯でも最も大きなもののひとつとして
これからも胸に刻まれて行くと思います。

3月の東京、8月の京都での共演は
本当に、音楽人生の、かけがえの無い経験と出会いになりました。

この時出会ったベースの箭島裕治くん、ピアノの伊藤志宏くんとは
今年、大阪での共演も実現できました!
チャンスを下さった中路さんには、本当にどれほど感謝してもしきれません。
この恩は、音楽でお返しします。
またご一緒したいなーーー!!
532854_331899000203171_100001492201610_896604_2003241980_n.jpg

◆UNIVERSE◆
5/3〜6に参加した、ミュージカル 【UNIVERSE】
まさかのTromboneでの出演。。。。いやー練習した!笑
昼夜2回公演×4日間というハードな日程でしたが
ハッピーなメンバーと楽しい脚本のミュージカルで
いい時間を過ごすことが出来ました!

◆Mustard Seeds◆
2006年に個人的に参加し始めた墨染ゴスペルコンサートに
端を発する、私の弟子っこたちのゴスペルグループ。
その後、Mustard Seedsという、一つのグループとして
2010年にクワイヤを立ち上げましたが
今年は、初のワンマンライブを敢行!
全13曲。みんな仕事を持ちながら、本当によく頑張って
いいライブをしてくれました!

12月には、墨染ゴスペルコンサートにも参加。
ピアノ1本で歌を聞かせられるまでに成長してくれました。

◆West meets East Session◆
3月のOBATALA SEGUNDOで共演したベースの箭島くんと
こちら関西ミュージシャンとのアツいセッション!
非常にいいセッションになりました。
こういう東西交流は、来年もどんどんやっていきたいなあ。
そしてこのときの写真が無い。
あんま集合写真を普段撮る習慣が無いから、
来年はちゃんと写真に残すようにしなきゃ。。
120720 West meets Eastフライヤー表.jpg

◆Super Mars Session◆
4月まで3年続けたSoul-Funk Jamを新たな形で再立ち上げした
”曲”を仕上げていくことに重点を置いたセッション。
9月、11月の2回開催し、来年からの方向性が決まってきました。
こちらは、来年からいよいよ、本格始動させていきたいセッションです。
18199_486166008072734_207969802_n.jpg

◆Barbra Streisand Tribute◆
私の、永遠の歌の師であり、永遠の憧れである
Barbra Streisand。
彼女のトリビュートは、一度やりたいライブでしたが
機会に恵まれて、開催することが出来ました。
彼女の歌は、やはり本当に難しいけど
本当に素晴らしい歌ばかり。
新たな自分のスタイルを導いてくれるライブだったと思います。
非常にいい反響を頂いたので
今後は毎年、Barbraの誕生日にやりたいと思っています。
IMG_5737.jpg

IMG_5829.jpg

IMG_4837.jpg

◆Treasure Ship〜Masquerade Ball 2012〜◆
今年のメインイベントとも言える、このMasquerade Ball。
構想8ヶ月、出演者17名!
心斎橋JANUSに満員のお客さんが入ってくださいました!
どこ見ていいのかワカラン、というほど盛り沢山の内容。
OUTSET、Mickey & Seijiのダンス、
ドラァグクイーンのショウ、そして演奏。
贅沢!という一言に尽きるこのイベントは
毎年、この時期の恒例イベントにしたいと思っています!
28785_487660234589978_1552847795_n.jpg

66044_487662361256432_26731095_n.jpg

189639_487662667923068_1604883517_n.jpg

534049_487664341256234_1173604750_n.jpg

◆伊藤志宏DUO、プチ関西ツアー◆
今年の総まとめともなるべきライブになったのが
この伊藤志宏くんとのDUO関西ツアー。
去年から本格的にやり始めた丸腰の立ち歌。
これまでずっとやってきた、弾いて歌うというスタイル。
そして、長いこと、色々な形で取り組んでいるDUO。
Barbra Streisandのような、全ルバート系の歌。
オリジナルと、カバー。
作り込んだ音と、フリーの音
ジャンルレスな音楽。。。
自分が今までやってきたことが全てぎゅっと、集約されたライブでした。
ほんまにおもろかった。

これは、来年からも、定期的にやっていきたいと思います。
それにしても志宏くんのピアノは本当に素晴らしかった。
初めて見た私のお客さんは、口を揃えて
「何なんですかあの方は。。。。。」 ( ゚д゚)ポカーン
個人的には、Here’s to Life、と His eye is on the Sparrowは
こう歌いたかった、という一つの形を作れたのは
大きな進歩でした。
215166_313778202065010_190529133_n.jpg

61864_313778222065008_433831798_n.jpg

181807_313778175398346_1068815516_n-1.jpg

〜〜〜
まとめてみると
OBATALA、ユニバース、ゴスペル、新セッション、バーブラ、仮面舞踏会、志宏くんDUO。。。。
いやー。。。
こうやってみると、これまでで最も濃い1年だったかも。

しかし、自分がやりたい、自分が出したい音を、確実に出せた一年でした。
去年よりも更に、自分がやりたいライブに力を注ぐため
ライブの本数も去年よりかなり減らして62本。(去年一昨年は89本)
本数は減ったけど、内容は10倍以上になっていると思う。
こういう、良いライブを、来年からもやっていきたいな。
来年からも頑張ります。

そして来年の目標。
ソロ名義のアルバムを作ります!
今年一年、応援ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします♪
Thank YOU![ぴかぴか(新しい)]
63138_487660827923252_965229267_n.jpg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です